大船 うなぎ専門店”うな菊”

大船駅の東口を降りますってぇと、目の前に交番がある。昔は書店があった場所だ。

で、その先をちょっと進んで最初の角を左に曲がるとね、左手に古びた倉庫のようなアーケードのような入り口がみえる。今では想像できないんだれど、この一角ってのは、昭和の頃は吹き抜けの商店街だった。

IMG_1154商店街が閉鎖された後も、1961年創業の老舗ラーメン屋「ことぶき」と、その向かいのうなぎ専門店「うな菊」だけは昔のままに営業を続けてたんだけど、「ことぶき」は2014年に閉店して、今は「うな菊」だけが残っている。

「うな菊」は、創業35年(昭和51年)のうなぎ専門店。

現在のご主人は、母親がこの場所で創業した「うな菊」を、平成11年に引き継いだという。

店内は昭和の香りが色濃く残っていて、創業時の倍の広さになった店は、いつでも客の絶えることがない。

IMG_1148「うな菊」で使用しているうなぎは、 愛知県の三河一色から直送されたうなぎだ。朝から仕込んだこのうなぎを炭火で焼く。

「串打ち三年、割き五年、焼き一生」なんてことを言うけれど、「うな菊」の蒲焼は焦げが強めで自家製のタレも辛め。これぞ「うな菊」の味となっている。

また米はタレとの相性を考慮して、秋田県大潟村の指定農家米を使用している。

吸い物の素材にもこだわりがある。

吸い物の素のかつおぶしは京都の海産問屋から納入、昆布は利尻昆布を使用して、塩は岡山産のにがり塩だ。

「ひつまぶし」と「白焼き」の本わさびは静岡県・有東木産を使用して、漬物は自家製。そして、お茶は東京・宮内庁御用達の茶店の粉末だ。

庶民的なのに、こだわりがあって手抜きがない。地元の人気店であることも納得のうなぎ屋である。

名称未設定-43

名称未設定-44

[営業時間] 11:00 ~ 20:00 (L.O. 19:30)
[定 休 日]火曜日
[ランチ」11:30 ~ 14:00
[住 所]神奈川県鎌倉市大船 1-8-3(天正ビル)
[電  話]0467-46-4264)

静 炉厳[2016/8/6]

home1