リゲインのテーマ~勇気のしるし

音の楽しみ

1989年(平成元年)の日本は、バブル経済の真っ只中だった。

regain0深夜の銀座には遊び帰りのサラリーマンがあふれてタクシーは掴まらず、地価が上がり続けることを前提としたマンション投資がブームになっていた。

同年10月には三菱地所が約2200億円でニューヨークのロックフェラー・センターを買収して、当時の日本企業による国外不動産買い漁りの象徴となった。

regain5そんな時代の中、「24時間戦えますか」のキャッチコピーとともに、三共(現・第一三共ヘルスケア)の栄養ドリンク”リゲイン”のCMソングとして、♪黄色と黒は勇気のしるし♪で始まる”勇気のしるし”(作詞:黒田秀樹/作曲・編曲:近藤達郎)が爆発的にヒットした。

「24時間戦えますか」は、1989年の流行語大賞の銅賞を受賞。

regain2勇気のしるし”を歌ったのは、リゲインのCMに抜擢された時任三郎

情熱的な企業戦士を演じた時任は、TVドラマ『ふぞろいの林檎たち』で努めた役柄が成長したかのようなイメージだった。

CMの反響を受けて、1989年11月22日には「牛若丸三郎太」名義で時任三郎が歌うシングル盤が発売された。

このシングルは、オリコンシングルランキングTOP10に入り、累計で60万枚以上を売り上げている。

regain4

regain6

自分もこのシングルを買ったんだけど、収録されていたカラオケ版がまたよかった。リズムが行進曲だから、カラオケだけを聞くと運動会のようでノリがいい。

時任三郎は、当時の歌番組に出演を依頼されるものの、「鞍馬山で修行中」との理由で出演を辞退。

しかし、周囲からの「一度は生歌で聴きたい」という声に押されて、『夜のヒットスタジオSUPER』(フジテレビ)にて一度だけ牛若丸三郎太として出演。

静御前をモチーフしたと思われるバックダンサーたちが控えるステージに空中から滑るようにして登場。

ステージで決めたポーズのまま、微動だにせず生歌を歌いきって、そのまま消えた。

regain1

regain7

regain8

regain31990年には高木完、工藤昌之(K.U.D.O.)らによる同曲のリミックスバージョン「勇気のしるし〜リゲインのテーマ〜(鞍馬山クラブ・ミックスRADIO EDIT)」がシングルとしてリリースされている。

しかし、このリミックスはとてつもなくクソな出来で、どうしたらここまでダメなものを作ることができるのか、なぜこんな代物がリリースされたのかは大きな謎だ。

by Shang

home1