[葛楽堂] ブリキのだるま

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

ショーケースの隅に置かれたブリキの招きネコの隣に、だるまが見えている。

daruma1

「桃源さんさ、あそこにあるのってやっぱり”だるま”だよね? ブリキのだるま?」

「そうだ。いいだろ。1960年代に作られたブリキのだるま。サルがシンバルを叩くMusical Monkeyというおもちゃを作ってた富士プレス工業が製作したものだ」

「へぇ~、このだるま、脇にゼンマイが見えるけど、目とかが動くわけ?」

「惜しいな。ほら、だるまの底面をみてみろ」

daruma2

「あっ、タイヤがついている!」

店主がだるまのゼンマイを巻いてテーブルに置くと、だるまはゆっくりとジグザグに走り出した。向きを変えるまでの間に、目がゆっくりと進行方向に動く。

「面白いね! だるまが動くなんて意外性がある」

「そこだ! デザインはまさに伝統的なだるま。プリントされた図版もまるで手描きのようだろ? 普通にだるまとして店頭に並んでいてもおかしくない」

daruma3

「うん」

「そこまでだるまでありながら、動くという発想が素晴らしいのだ。なぜならば、だるまといえば・・・」

「達磨大師! 石の上にも3年!」

「そのとおり。だるまといえば、じっと腰を据えて動かないものじゃないか。ところがこのだるまは左右に向きを変えながら進む。まるで迷いながら進む人生そのものではないか? だるまの概念を根本から問い直すこのだるまは、ブリキだからこそ成し遂げることができた一種の思想革命とも言えるのではないか!」

「そんなに大げさかなぁ」

「大胆な発想というものは、そうは出てこないぞ」

「修行がイヤになって逃げ出しただるまみたいにも思えるけど…」

「それはそれで人生じゃないか。どうだ。お前も人生を問い直すために、このだるまを買っていかんか。タメになるぞ」

「いやまぁ、ちょっと惹かれるけどさ…。やめとくよ。これ以上、人生に迷ったら大変だもの」

私は首を横に振ると『葛楽堂』を後にした。

home1