[葛楽堂]マッハGOGOGO!と『スピードレーサー』

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショーケースに、子供の頃にテレビで観ていたアニメ番組に登場していた車のモデルが並んでいる。

マッハ1

「桃源さん、これってマッハ号だよね!」

「そうだ。1967年タツノコプロのアニメ『マッハGOGOGO』の主役の車な」

「話の内容はまるで覚えてないけど、マッハ号に装備されてた特殊装置は憧れだったな。ハンドルに並んでいるボタンを押すといろんな装置が動くの」

「Gを中心にAからFまでボタンがあったな」

「そうそう! Aボタンはオートジャッキだよね。車体下部から4本の特殊ジャッキが出てタイヤ交換の簡易化や路面を蹴ってジャンプしたりするんだよ」

「Bボタンはベルトタイヤだな。タイヤに特殊なベルトが装着されて、沼地や雪上の走行ができるようになる」

「Cボタンはカッター! これが好きだった! 車の前面に丸鋸が出てきてさ、木や藪などを切り倒しながら走行できるんだよね。“チョッパー”とも呼ばれてたな」

マッハ5「Dボタンはディフェンサーだ。座席上部の防弾仕様のキャノピーが閉じる」

「Eボタンは…なんだっけ?」

「イブニングアイ、つまりは赤外線灯だな。主人公の剛がかぶるヘルメットのシールドが暗視ゴーグルになる」

「Fは…」

「フロッガーだ! 酸素ボンベから酸素がコクピット内に放出されて、ディフェンサーと合わせれたば水中走行ができる。潜望鏡も上部に伸びるぞ」

「Gボタンは、ギズモ号だよね。ツバメ型の偵察用飛行メカ。マッハ号から遠隔操作ができて、遠距離攻撃用としても使えた。カッコよかったなぁ」

「このモデルは、2000年頃にユニファイブから発売された超真合金シリーズ第3弾のマッハ号だ。数々のギミックが再現されていることで人気がある」

マッハ2

マッハ3

「ギミックは前面の飛び出す丸鋸、オードジャッキ、ギズモ号…ライトも点灯するんだね」

「潜望鏡を伸ばして付属のキャノピー、水中翼、スクリューをつければ水中仕様も再現できるぞ。おまけで主人公、三船 剛(みふねごう)、くりお、チンパンジーの三平のフィギュアとマッハ号の鍵がついている」

「マッハ号の鍵!?」

「実物大のレプリカだ。金メッキが美しいぞ」

マッハ6

「それってちょっとイイなぁ。そういえばさ、ウォシャウスキー兄弟が『マッハGOGOGO』を実写化した映画『スピードレーサー』って観た?」

「日本では2008年7月5日に公開された映画だろ? 重要なポジションだったキャラクターをヘンな韓国人俳優が演じているヤツ」

マッハ4「うん。やっぱりそこは気になるよね」

「本来は日本人という設定だった脚本を、この役者の我侭で韓国人にしてしまったからな。妹の役名は日本名のままだというのに。
まったくかの国が絡むとなんでもおかしなことになる。日本のアニメの実写化だというのに、こんな改悪をされるとはな」

「僕も最初は楽しみにしてたんだけど、それを知って劇場に足を運ぶつもりがなくなったんだよね。なんか思い出を汚された感じ」

「まったくだ。映画は日米で大コケだったが、これがなければ日本での興行はもう少しよかったんじゃないか?」

「実験的な映画だったけど、見方がわかるとそれなりに面白いよね」

「まったくだ。そんな不服を収めるためにも、このマッハ号を買っていくか?」

「いやいや、逆に思い出しちゃいそうだから」

私は首を横に振ると『葛楽堂』を後にした。

home1