[葛楽堂] よこどりゲーム

葛楽堂タイトル1

株式会社タカラは、1968年にアメリカのゲームメーカー”Milton Bradley”(現Hasbro)や”WHITMAN”などとライセンス契約を締結して、”アメリカンゲーム”と名づけた日本版を発売した。

ラインナップには、『フライパンゲーム』(原題:What’s Cooking?)や『人生ゲーム』(原題:The Game Of Life)、『手さぐりゲーム』(原題:feeley meeley)などがあり、『よこどりゲーム』もアメリカンゲームのひとつだった。

よこどりゲーム』のオリジナルは1968年に米Whitmanが発売した” Clunk-a-Glunk”というゲームである。

yoko1

ゲームのルールは単純だ。まずビニールの盤上に、数字が書かれた黄・赤・緑・青の4色のカードをランダムに並べる。

yoko3

2人~4人の参加者は先端に吸盤がついたプラスチック製のスティックを手にしてスタンバイする。

読み手(参加者とは別)が、並べられたカードと同じ数字が書かれた4色の読み札を読み上げたら、参加者は素早く盤上の同じカードを吸盤スティックで叩いて取るというものだ。

カルタ取りを単純化したようなゲームだけれど、吸盤スティックでカードを奪い合ったり隣の人の邪魔をしたりといったことができるから盛り上がるのだ。

シンプルで分かりやすいルールだから、小さな子も大人もすぐに遊べるパーティゲームとしても最適だ。

この”よこどりゲーム”は、2003年8月末に復刻版が発売されている。アナログの楽しさが感じられるゲームである。

yoko2

home1