Waking Distance(歩いていける距離)

title221950年代の米ドラマ『トワイライトゾーン』に、”Waking Distance(歩いていける距離)”というエピソードがある。

ロッド・サーリングが脚本を書いて、1959年10月に放映されたこのエピソードは、ニューヨークの広告代理店に勤める36歳のマーチン・スローンが主人公だ。

仕事に疲れた彼は、車を飛ばしていつの間にか故郷の町へと向かう先で、ガソリンスタンドに立ち寄る。

やがて彼は過去の時間に入り込み、少年時代の自分自身と対面することになる。そして、今は亡くなってしまった当時の父親と言葉を交わすのだ。

父親は言う。「この夏は、あの子だけのものだ。きみは自分の場所に帰らなければならない」と。

pinapple1もしも過去にいけるならば行ってみたいと思うことが誰にでもあるだろう。

それは未来に進むための休憩時間にしかならないだろうけど、休憩をとるのは悪いことじゃない。

誰にでも巡ってくる”夏の時間”。それはいつの時代にも形を変えて現れる。

できることなら、いつでも心を夏の状態にしておきたい。

home1