若松、検便を提出する

ヘンなコトというのは、ヘンなヤツを狙って起こるものなのだろうか?

腸弱会の会長こと、若松(わかまつ)と関わっていると、いつもそんなことを思うのである。

先日、若松に会った時のことだ。近況を話しているうちに、話題はいつしか健康診断へと移っていった。若松が言う。

「この前さ、職場で検便セットが配られたんだよ」

「お前んとこ、検便なんてあるの?」

「あったんだよ。なんか試験管の小さいヤツみたいのが」

「試験管みたいなの? メンソレータムの入れ物みたいなやつじゃないんだ?」

「違うんだよ、今は。それでさ、その試験管みたいなのに名前が書かれたシールが貼ってあったからさ。隣の中山くんに『最近の検便って、親切だねぇ。名前も貼っておいてくれるんだ』って話しかけたんだよ。」

「うんうん」

「そしたらさー。中山くんのには、シールも何も貼られてないのね」

「貼り忘れたんだ」

「そうかなって思ったんだけど、自分のをよく見たらそのシールにさ…”渡辺かつ子 49歳”って書いてあんだよ!」

「えぇっ? 間違って配られたの?」

「っていうか、中になんか茶色いの入ってるんだよ」

「それって使用済…違うな、使用中ってこと? いくらなんでもそんなことあるのかよ?」

「本当なんだって!!!」

「渡辺さんって知ってる人なの?」

「知らない知らない!!」

「でも、職場の人なんでしょ。返してあげなきゃマズイんじゃないの? 社内放送とかで『あなたの検便、預かってます』って呼びかけてあげたら? 渡辺さん、びっくりするだろうけど」

「オレだってびっくりしたよ! 死ぬかと思ったもん」

「総務に落し物ってことで預かってもらうか? あとで一割、もらえるかもよ」

「いらないよ! それにどこで拾ったっていうのさ?」

「そりゃそうだな。だったら渡辺さんを探し出して、本人に直接渡した方がいいんじゃないか? でも知らない人が自分の検便をもって、いきなり仕事中に現れたらかなりの衝撃だよ」

「だよね。休みの日に呼び出す?」

「呼び出して、検便渡すの? ずっと、あなたが好きでしたとか言って」

「言わない言わない。その場で、係員に交換してもらったよ!」

「そうだよな。でも、なんで若松ってそんな経験ばっかりするの?」

「知らないよー。オレのせいじゃないもん」

「で、交換した後、検便はちゃんとできたわけ? 若松は不器用だから失敗したでしょ?」

「うん。なんか取り過ぎちゃってさ。試験管に入れてフタをしめたら、にゅるにゅるとハミ出てきちゃってさ。ティッシュで周りを拭いて提出したよ」

「えっ、パンパンに入れたの?」

「空いてる空間とかなかったね。しかも、忙しくてついつい提出するの忘れててさ、3日ぐらい鞄に入れて持ち歩いてたよ」

「弁当も入ってるんだろ。もち歩くなよ! 鞄、臭くなるよ」

「オレも提出したときは、ホッとしたもん」

「でもさ、そのパンパンのやつ。…もしかしたら何かの間違いで、今頃、渡辺さんの所に行ってるかもしれないね。検便を10倍返しされた!って騒いでたりして」

「本人は知らないから!」

私の職場にも検便セットがまわってきたのは、それからしばらくしてからのことだった。もちろん私は、検便セットの中に既に中身が入っていないかを速攻でチェックすることを忘れなかった。

ちなみに付属の説明書を読んでみると、注意書きとして、『便をとりすぎると、正しい検査ができません』と大きく記載されていた。

home1