ミニ黄昏の職場日記-おとぎ話の巻

昼休みのこと。昼食を終えた子分2号と言葉を交わす。

静 :「ほら、子分2号のとこの子供って2歳だったよね。『本読んでー』ってせがまれるでしょ? 『戦争と平和』とかさ。」

子2:「そんなの読まないよ! ふつーのお話!」

静 :「ところがね。その、ふつーのお話の最後に”病院で息をひきとりました”ってフレーズをつけると、結構、強烈なものになるんだよね。」

子2:「えっ?」

静 :「例えばさ。子供にお話をせがまれたときにね、話の最後にこのフレーズをつけてあげるわけ。『桃太郎』だったら、最後に”桃太郎は鬼を退治して平和に暮らしましたとさ。…その夜、鬼達は病院で息をひきとりました。”みたいに使うの。『金太郎』だったら、”金太郎はクマと相撲をして勝ちました。…その夜、クマは病院で息をひきとりました”みたいな感じ。なんか主人公がスゴく悪いヤツに思えてくるでしょ。どう? やってみない?」

子2:「イヤだよ! ヘンな子になっちゃうじゃん!」

静 :「でも、相手のことも考えるやさしい子になるかもしれないよ」

子2:「トラウマになる! …そういえば、この前、絵本を指さして『この人、死んでるの』って言うからびっくりしたよ。」

静 :「えぇっー! そんな気味の悪い本なんてあるの?」

子2:「違うの。”シンデレラ”って言えなくて”死んでるの”ってなっちゃったのよ。」

静 :「なんだ。だったら、それは”ダイアナさん”だよって教えてあげなよ。」

子2:「リアルすぎるよ!」

静 炉厳(2003/10/16)

home1