[葛楽堂]エアポートタクシーに乗ってみたい

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

 ベージュと赤を基調にしたエアポートタクシーのブリキ玩具が見えている。ルーフキャリアが取り付けられていて、旅行者の荷物を運ぶ準備も万端だ。ルーフキャリアには小さなブリキのスーツケースが2つ載せられている。約18センチの小ぶりな自動車である。

taxi1

  「このエアポートタクシーはバランスがいいねぇ」

「随分とわかったようなことを言うじゃないか? 確かに素朴な作りと凝ったペイントが同居した面白い製品だな。1950年代のバンダイが製作した輸出用玩具だ」

taxi2「このスーツケースが特にいいよね。2つのスーツケースは形も大きさも微妙に違っててさ。ペタペタと貼られた各国のシールやベルトがしっかりとプリントされてて、雰囲気が素晴らしいよ」

「スーツケースは紛失されていることが多い。リアシートの後ろには荷物と2冊の雑誌がプリントされているぞ。ライフともう一冊はエコノミストかな。運転手がお客のために用意した想定なんだろうな」

tsxi4「なんかいいねぇ。ホテル・ニューヨークと空港を結ぶエアポート・タクシー。これって元になった車種とかあるのかな?」

「1955年型の dodge DeSoto じゃないか。トランクにV8とプリントされているからな」

「海外でタクシーに乗るのってなんか怖いんだよね。ヘンなところに連れていかれたらどうしようとか、ボラれたらどうしようとか考えちゃう」

「お前、気が弱いんだな」

taxi3

「最悪を想定しておくのはリスクヘッジの基本だもん」

「ただのネガティブな人だろが」

「・・・」

「旅行ってのはもっとワクワクするもんだろ?」

「ワクワクってのはわかるな。きっとこのタクシーに乗り込んだお客は、荷物から察するに海外旅行でニューヨークに遊びに来たんだよ。で、空港からホテルに向かう道すがら、これからはじまる異国の体験にドキドキしているわけ。いいよね」

「その頃、お前は家にいるけどな。せめて、この玩具を買って旅気分でも味わったらどうだ?」

「買うお金があったら旅行に行きますから」

私は肩をすくめると『葛楽堂』を後にした。

taxi1

home1