[葛楽堂]マッチボックスのホームストア

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショーケースにミニチュアカーと並んで小さな雑貨店のアクセサリーが置いてある。

「桃源さん。これ可愛いお店だね」

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2

「あぁ、マッチボックスが1961年に発売した”HOME STORES”な。こういう小物と並べると、ミニチュアカーに小さなストーリーが生まれる」

「そうだね。このシリーズはもっとあるの?」

「メーカーは、次にカフェを企画していたが、ストアが売れなかったために発売されることはなかった。ストアの販売も1962か1963年にはも終了している」

「ふーん。カフェなんて面白そうなのにね」

「ストア以前には、1957年にガレージが発売されていたな」

store1

「これはこれでいいけど、ストーリーはあまり浮かんでこないね」

「こういうものは手元に置いておくと浮かぶものなのだ。どうだ、買って帰ったら?」

「いえいえ、ストーリーは葛楽堂に探しにきますから」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1