フランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズ来日

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』の店主は手土産をもっていくと機嫌がいい。まったく現金なオヤジである。

「桃源さーん!  藤沢のブーランジェリー・ユイのシュガーラスクだよー」

ブーランジェリー・ユイ

「お前ね、エサを持ってきたみたいに言うんじゃないよ。まぁ、一応もらっておくがな」

「好きなんじゃん! ここのシュガーラスクはさ、薄くてちょっと焦げ気味で、素朴な感じがいいよね」

「売れ残りの食パンを焼きましたって感じがいい。ホントにそうかはわからんけど」

「それよりさ、今日はこの前行ったライブのことを自慢しにきたんだよ。遂に初来日したフランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズのライブ!」

「2014年1月18日、日比谷公会堂のライブだろ? 9月予定だった公演が延期されたやつ」

「なんで知ってるの?」

「前から2列目で観てたからな。会場は満席だったな」

「えっ! 行ってたの? オレは1階の真ん中あたりだったのに。でもさ、とても79歳とは思えない素晴らしいステージだったよね」

ticket-valli2

「見た目はともかく、3~4曲目あたりから、いきなり声がノってきて驚いたな。しかも、『Swearin’ To God』のインスト・パートで、フランキーとコーラス隊が引っ込んで着替えた以外はノンストップのステージだったぞ」

「うん。バンドも豪華だったよね」

「ギターが2人、ベース、ドラム、パーカッション、キーボード、サックス、そして若い4人のコーラス。おまけに現地調達の日本人ホーン陣が5人ついて、総勢16人となる大所帯バンドだったからな」

「ずっとレコードやCDで聴いてた歌を生で聴けたのは感動ものだったよ。特に”君の瞳に恋してる(CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU)”とかさ」

「もともとフォーシーズンズは曲がいいからな。それにバンマスのロビー・ロビンソンがコンテンポラリーなアレンジを施してたから、オールディズどころか完全に”今”の音になっていた」

「それって、キーボード弾いてたデブの人?」

「そうだ。79年頃からフォー・シーズンズのメンバーに加わってるから、もう30年以上になるんじゃないか。それにあのステージの充実具合というか現役具合は、やはり”ジャージーボーイズ”のおかげだろ」

ticket-valli3「フォーシーズンズを題材にしたミュージカルだっけ?」

「そう。2005年にブロードウェイで開演して、今も上演を続けているヒット作品だ。もう3200回以上も上演している」

「そんなに!」

「オリジナルキャストでのCDも発売されているぞ。こちらも全米でゴールドディスクを獲得したはずだ」

「そういえば映画化の話ってなかったっけ?」

「クリント・イーストウッド監督で映画化が決定している。昨年の9月に予定していた来日が今年にズレこんだのは、クランクイン時の監修作業からフランキー・ヴァリが抜けられなかったためだからな」

「だからコーラスの4人の動きもミュージカルっぽかったのかな。アンコールでフランキー・ヴァリが、前列の端から端までお客と握手をしていたのなんかラスベガスのショーを見てるみたいだったよ」

「ラスベガスなんか行ったことなかろうが。まぁ、フォーシーズンズとミュージカルは相性がいいんだろう。ボブ・ゴーディオという芸術家をグループ内に抱えながらも、当時の彼らはプロデューサーのボブ・クリュウと共に”売れる”ことを第一の目的としたショーマンだからな」

「そのボブ・ゴーディオが音楽性にこだわって制作したコンセプトアルバムが、1969年の『THE GENUINE IMITATION LIFE GAZETTE』だっけ?」

「大コケはしたが、もっと評価されてもいいアルバムだと思うぞ。まぁ、ライブでもこのアルバムから選曲されることはまずないが」

「ところで、フォーシーズンズについての日本語の資料って少ないね」

「オレが知っている限りでは、まともな資料は1992年に発刊された『レコード・コレクターズ』の3月号、4月号の記事ぐらいじゃないか? これにしても、ライターの偏見がかなり入っていたけどな」

ticket-valli4

「フォーシーズンズは、日本ではあまり知られてないもんね」

「ヒット曲も、面白い逸話も多いグループだけにもったいないことだ」

「フランキー・ヴァリは、80歳になる来年にも来日するってステージで言ってたけど、ホントに来るかなぁ」

「なんともわからんが、ぜひまた観てみたいステージだったな」

「うん。完成されたショーって感じだもんね。そんときはまた絶対に観にいくよ」

ticket-valli

【2014/1/18 日比谷公会堂セットリスト】 

01. Grease
02. Dawn (Go Away)
03. Tell It To The Rain
04. Beggin’
05. My Eyes Adored You
06. Swearin’ To God
07. Fallen Angel
08. Save It For Me
09. Call Me
10. Let It Be Me
11. Spanish Harlem
12. My Girl/Groovin’
13. I’ve Got You Under My Skin
14. Stay
15. Silence Is Golden
16. Working My Way Back To You
17. Opus 17 (Don’t You Worry ‘Bout Me)
18. Rag Doll
19. Who Loves You
20. December, 1963 (Oh, What A Night)
21. Can’t Take My Eyes Off You
22. Sherry
23. Walk Like A Man
24. Big Girls Don’t Cry
25. Bye, Bye, Baby (Baby Goodbye) (edit)
Encore:
26. Let’s Hang On

追記

IMG_7482本文中には、フォーシーズンズの書籍は日本では出版されていないと書いた。しかし、2015年6~7月に『ジャージーボーイズ』の日本公演が決まったことで、『フランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズのすべて』という書籍が刊行された。

home1