ドナルドダックの爪きり

title22

幼稚園の卒園記念にドナルドダックの爪きりをもらった。

爪きりの持ち手には、緑色の帽子をかぶって、大きな口で何かを喋ろうとしているドナルドダックがついている。

大人になってもずっと使い続けていたけれど、いつの間にか見当たらなくなくなってしまった。

無くしたモノが、時が経過してからひょっこりと現れることだってある。

だから、また彼に会えるといいな。

爪を切る度に、心のどこかで再会を期待をしている自分がいる。

donald1

home1