豊島園『アフリカ館』への憧憬

豊島園に初めて訪れたのは大学時代。仲間とバイト先のデパートで知り合った女性たちと遊びに出かけて、『アフリカ館』というアトラクションに入った。

6人乗りのジープに乗って数千年前のアフリカの世界を巡るそのアトラクションは、他のどんなアトラクションとも違っていた。強烈なインパクトを忘れることできないまま、何年か後に豊島園を訪れたけれど、もう既にアフリカ館は取り壊されていた。

いったいあれは何だったんだろう? そんな疑問からアフリカ館について調べてみたくなった。

africa24豊島園の駐車場の横におもちゃ屋の『トイザらス』がある。そこはかつて『アフリカ館』(AFRICA)というアトラクションがあった場所だ。

1969年7月19日にオープンした『アフリカ館』(AFRICA)は、施設の老朽化のために1998年に運営を終了した。

業界紙「レジャー産業」の1969年10月号には、「豊島園の新名所 アドベンチャーゾーン『アフリカ』」というタイトルで、アフリカ館に関する4ページの記事が掲載されている。

「三年前、流れるプールをつくって業界の注目を集めた豊島園(堤康弘社長氏)では、今度はアドベンチャーゾーン『アフリカ』を完成、旺盛な意欲のほどを見せている。

こんど完成した「アフリカ」は、エジプト古代の遺跡やマサイ部落、ワニ、カバの沼地、ジャングルの猛獣など一四のセクションを設けて、アフリカ大陸を再現したもの。

すべてのセクションの人形や動物は、照明、音響にあわせて実物そっくりの動きをする。つまり、一五〇体の人形と二〇〇匹の動物の“目”がすべて観客の流れに応じて動くというもので、きわめて精巧かつリアルにつくられている。

一周の距離は四〇〇メートル、所要時間は五分、六人乗りジープで観覧するものだが、使用車両は二六台。
総工費は六億円で、計画から完成までのすべてをあかね製作所の関野社長にゆだね、三年の工期を要したといわれる。

子供から大人までが楽しめるこのアドベンチャーゾーン「アフリカ」は、当分の間、遊園地業界の話題を独占することになるだろう。(写真提供…豊島園広報課)」

africa20

africa21

『アフリカ館』は、本格的なアトラクションだった。ゲストはガイコツの解説者が喋る「3000年前のエジプト時代から悪魔大陸アフリカをご案内致します」というアナウンスを聞きながら、深緑またはゼブラ模様の6人乗りのジープに乗り込んで、数千年前のアフリカの世界を巡る旅に出発する。

africa22入口の骸骨を横目にエジプトの宮殿に入ると、そこは祝宴の場で、お色気を漂わせた踊り子たちが躍っている。

次の砂嵐のカノの町では不気味なアフリカ人にヒヤッとさせられる。

ここには白装束に紛れて園内の方がパイプ椅子に座って監視していた。

マサイ族の部落では、両端を80人のマサイ族が空気動力で飛び跳ね、手に手に槍を持って押し寄せてくる様は圧巻だ。

1_2015082512

その先の右手にある薄暗い沼地には水しぶきをあげるカバの親子がいる。左手にはワニが回転している池、そして正面には滝が見える。この滝は毎分9トンの水が落ちている。

2頭のゴリラを通り過ぎて、樹に絡みついてチロチロと舌を出す大蛇に気を取られていると頭上で豹が唸る。

ヘビとトカゲの戦いを目にした後、ジープは揺れるつり橋を通過する。ホッとするのも束の間、今度はピグミー族に弓矢を射られる。耳元で矢の飛ぶ音が聞こえて、放たれた矢が岩肌に突き刺さる。その直後に豹がジープの上を通過する。

その先の草原ではライオンとハイエナがシマ馬を食いちぎっている。

1_2015082513

さらに進むとゾウの大群がけたたましい音響とともに木をなぎ倒しながら迫ってくる。

1_2015082511

最後は空港に到着して、スチュワーデスに「さようなら、さようなら」と見送られて終了となる。

africa11なんとも異色で魅力的なアトラクションだ。象の鳴き声などの音声は、オープンリールのテープを20台用いて運用されていたという。

アフリカ館のオープン前後にはTVでCMも流れて、スゴい見世物が出来たと話題になったようだ。そして、それは実際にスゴイのである。

「週刊少年サンデー」の1969年8月17日号にもアフリカ館の記事が掲載されている。

本文記事には『東京に猛獣境出現!! 3年かかってつくられた話題のアフリカ館にご案内!! 総工費6億円!! いま話題の豊島園アフリカ館を見よう!! かっこいいジープで回れるぞ!!』とあった。

africa8

africa9

africa10

アフリカを秘境として扱うのは、今の目で見れば問題だと思う方がいるかもしれない。

africa12しかし、当時はそういう時代だったのだ。ふつーに”暗黒大陸”って呼ばれてたし、アフリカを秘境として捉えた映画もたくさん作られている。

閉館する前の『アフリカ館』は修繕が追いつかずに、さまざまな仕掛けが壊れたままになっていた。

今も豊島園に残っている『アフリカ館』の名残りは、”こどもの森”に設置されジープなどわずかなものだけだ。

by 静 炉厳

africa23

本稿のまとめにあたっては、ネット上に分散する写真を拝借しました。貴重な資料の掘り起こしや調査、情報の公開を実施された先人たちに敬意と謝意を込めて。

home1