雨の日はボードゲーム三昧

title22
小学校1年生の息子は、休日になると6時前には目を覚まして、そそくさとオレの部屋にやってくる。

父親と遊ぶことを前日から楽しみにしてくれているらしい。だから雨の日ともなれば、息子のマイブームとなっているボードゲームで、一日中遊ぶことになる。

「億万長者ゲーム」,「お買いものスゴロク」,「エルマー冒険スゴロク」,「ホテル王」,「アラカルト」,「昭和人生ゲーム」,「ダイヤモンドゲーム」,「サッカーゲーム」などなど…。

休みの日はゆっくり寝たいとも思うのだけれど、こんな風に息子と遊べるのも、あと何年もないだろうなと考えると、それはとても貴重な時間に思えるから、時折、昼寝をしながらも、やっぱり遊んでしまう。自分だって、息子と遊ぶのは楽しいもの。

子供と遊んでいると、今度は室内で飼っているミニチュアダックスが「自分とも遊んで!」とばかりに、犬のオモチャを咥えてくる。仕方がないからボードゲームのコマを進めながら、犬にオモチャを放り投げる。

ときどき、子供との”戦いごっこ”や犬とのじゃれ合いを挟みながら、食事に呼ばれるまで延々とゲームの時間が続く。

この幸せな時間は、やがて思い出となって彼の心に残るのだろうか? それとも少年時代の忘れられた記憶となるのかな。

別にどちらでも構わない。息子と向き合って遊べること、話ができること、いたずらを叱ること、言い合いをすること、どれも共に過ごした大切な時間なのだから。

ところで先日、子供が小学校の道徳の時間に書いたという作文を見せてくれた。一生懸命に書いたらしいその作文。「お世話になってありがとうございます」っていう他人行儀さが、妙におかしい。

mail1

2014/10/20

home1