蒲田の鰻屋『寿々喜』

kamaou2鰻はいいよねぇ。オレは藤沢のはずれにある鰻屋『一幸』がお気に入りなんだけど、今回は都内なんですよ。

このところ蒲田に行くことがよくあるんだけど、そこで気に入ったのがウナギ屋の『寿々喜』。

蒲田駅西口からショボクレたサンロード商店街を抜けると、すぐに鰻を焼くおいしそうな匂いが煙にのって漂っててさ。その煙を吸い込んじゃったらもうダメだね。

まるで煙にグルグルと巻かれて連れ込まれるかように気がついたら店の前に立って、引き戸に手をかけている。あれっ?と思ったときには、自分の意思には関係なく、引き戸をスッーと開けてるわけ。

unagi2

店内はまるで映画のセットかと見紛うばかりの昭和時代。何しろ、昭和10年創業の鰻屋だ。昼間っから地元の人が酒を飲んでたりする。

unagi1レトロなテーブルについたら、お茶を飲み、うな重を注文してしばし待つ。店員さんには中国も混じってるけど、鰻は国産だ。

待つこと20分。香ばしい香りを漂わせたうな重が運ばれてくる。

箸で1口分の鰻を分けて、飯と一緒に食してみる。…旨い!

『寿々喜』の焼き方は関東式だ。蒲焼の表面は炭火でカリっと香ばしく焼かれて、中はふっくらと柔らかく蒸されている。

『寿々喜』は、 昭和気分が味わえる店。蒲田に行ったら、ちょろっと寄ってみたい。

unagi4

静 炉巌[2013/9/29]

■追加
これを書いた後で『寿々喜』は値上げをしたので、現在の価格は記事中とは異なってます。

home1