大船の中国家庭料理『満福』

鎌倉市の端っこにある大船の中国家庭料理店『満福』は、昭和っぽい雰囲気があって料理もおいしいので気に入っている。

manpuku2絶賛っていうよりも、なんかいい感じの店。でも、この”いい感じ”加減が絶妙なわけで、この手の店が好きな人にはたまらない魅力をもっている。

大船駅の東口を降りて交番脇の道路を進んでいくと、ほんの1,2分で右手に居酒屋やメガネ店と共に怪しげなパブやらキャバクラの看板が見えてくるのだけれど、その一角に『満福』がある。

テナントビルの外見とド派手な看板を初めて目にすれば、「この店、絶対にボったくられるに決まっているよ!」と防衛本能が発動して普段なら足を止めることはないだろうが、人間、誰しも自暴自棄になりたい日だってあるものだ。そんなときに勢いに任せて入っていただきたい。

どうにでもなれとばかりに投げやりな気持ちで薄汚いエレベーターに乗り込み2階のボタンを押すか、あるいは薄汚い階段を上がって店の前に立てば、世界は一変するのだ。

manpuku1そこは昭和の世界。店の入口はガラス扉なので、外からでも店内の様子がみえる。通路の右手には厨房があって、たいていは風通しをよくするためか扉が開いている。オープンな店なのだ。

店内に足を踏み入れると、時代を遡ったような独特の雰囲気を感じることだろう。

テーブル席の奥には座敷もあるけれど、なんていうか社員食堂みたいな、銭湯の脱衣所みたいな空気感がある。一昔前の海の家の雰囲気にも似てるかな。でもね、この雰囲気が、いい感じなわけよ。

manpuku1お店の方は中国の人で、日本語はあまり得意ではなさそうだ。例えば店の”麻婆豆腐麺”のチラシには、「お待たせ致します!」というおそらくは店主が伝えたいこととは正反対の文字が大きく書かれていたりする。

だからオーダーするときは、店員さんが間違えないようにメニューを指さしながらなんていう小賢しい気遣いもしたりして。でも、店員さんは中国の方にありがちな無愛想な感じじゃない。

料理は限られたメニューしか試していないけど、どれも素朴においしい。値段も味と価格のバランスを考えるとリーズナブルだと思う。

僕はランチのエビチリが気に入っている。エビチリは辛めか普通かを好みで選ぶことができるのだけれど、もちろん辛めで決まりだ。

IMG_4481ちなみにこの店。元々は同じ大船で『方さんのにぎわい厨房』として営業していたのだけれど、2007年に店を移転。店名を『満福』として開店した。2010年には東京都大森に支店も出している。

料理店は料理人や経営者が変われば、同じ店でも味も雰囲気もガラリと変わってしまう。その意味では店にだって旬がある。

だけどできることなら、『満福』には今のままの雰囲気と味を続けていってほしいと思う。だって気に入った店って、なんだか閉店率が高いような気がするんだもん。

[営業時間] ランチ 11:00 ~ 14:00/夜の部 17:00 ~ 24:00
[定 休 日]年中無休
[住 所]神奈川県鎌倉市大船 1-23-14
[電  話]0467-46-5596

[2014/8/28]

home1