カニ好き課長の教育指導

■構成

いつもカニのことを考えているが、それを認めたくない松葉課長。ある日、そんな課長の元に、部下が結婚の報告にやってきた。部下に人生訓を述べるつもりの課長だったが…。
自分の得意分野に話をもっていきたがるサラリーマンのパロディコント。

■登場人物
男性:松葉課長(48) … 主人公
男性:三嶋くん(27) … 松葉課長の部下

■シーンイメージ
○オフィス
松葉課長の席を訪れる三嶋。

三嶋「課長、ちょっとご報告があるんですが」

課長「なんだい?」

三嶋「ちょっと、ここでは言いにくくて…」

課長「じゃあ、そこの会議室で聞きましょうか」

会議室に移動する松葉課長と三嶋。

○会議室
課長「で、どうしたの?」

三嶋「実は、今度、結婚することになりました。そのご報告をさせていただこうと思いまして…」

課長「そうか! それはおめでとう! よかったな」

三嶋「ありがとうございます」

課長「相手の方は、どんな女なんだい? かわいいのか?」

三嶋「実は、課長もご存じだと思いますけど、営業2課の鈴木さんなんです」

課長「えっ、あのイイ感じの子? ちょっとこう髪の毛がこんな感じの」

三嶋「はい」

課長「そうかぁ、あの娘はかわいいなぁ。まさかあの娘ときみが…」

三嶋「いやぁ」

課長「…ところで、きみ、タラバは好きか?」

三嶋「えっ?」

課長「タラバだよ。タラバと言ったら、タラバガニに決まってるじゃないか!」

三嶋「はい、好きですけど」

課長「そうか、きみはタラバ、好きなのか。でもな、きみの好きなタラバガニ。あれな。本当はカニじゃない。ヤドカリ科なんだよ」

三嶋「そうなんですか」

課長「うん。カニだと思ってただろ? カニの足は八本だけど、タラバは六本しかないから。女性だって同じだよ。かわいいからといっても、外見だけじゃわからんもんだぞ」

三嶋「あの…、足の数でヤドカリってわかるっていうことは、外見でわかるっていうことになるんじゃ…」

課長「あっ…。きみね、私はカニの話をしてるんじゃないんだよ! モノごとの見方について話をしてるんだ!」

三嶋「すみません」

課長「まぁ、いいよ。ところで、きみ。スベスベマンジュウガニというカニを知っているかね?」

三嶋「スベスベマンジュウ…? ほんとにいるんですか?」

課長「ホントだよ、失礼だな! 千葉から沖縄にかけての太平洋側に生息しているカニだよ」

三嶋「なんだか、かわいい名前ですね」

課長「そう思うだろう?」

三嶋「はい」

課長「でもな、スベスベマンジュウガニは、実は猛毒をもっているんだ。食べたら死んでしまうこともある。女性だって同じだよ。かわいい外見だからといって、中身もかわいいとは限らんぞ」

三嶋「スベスベマンジュウガニって、可愛い名前ですけど、見た目もかわいいんですか?」

課長「…見た目は、まぁカニだよ。カニなんだからさ。…きみはさっきから、なんでカニのことばっかり気にしてるんだ? えぇ? きみはカニか? カニと結婚するのか? もっと真面目にお話しようよ。めでたい場なんだからさ」

三嶋「すみません」

課長「いいよ。要するにさ、見た目だけで判断すると危ないよっていうことだよ。ほら、カニ缶ってあるでしょ? お高い缶詰。あれね、カニ肉がさ。缶の中で半透明の紙に包まれてるじゃない」

三嶋「はい」

課長「あの紙、何のためにあるか知ってる?」

三嶋「高級感を出すためですかね?」

課長「違うよ。カニの成分っていうのはさ。缶詰の鉄やすずと化学変化を起こして結晶化しちゃうんだな。ストライバイト現象。これを防ぐために酸性パーチというあの紙に包んでるんだよ。それが結果的に高級に見えてるんだね」

三嶋「はぁ」

課長「つまりだ。結局のところ外見で判断しちゃいけないってことだな」

三嶋「…」

課長「わかってる?」

三嶋「あのぅ。カニ缶の紙は外見だけじゃなくて、役にもたってるんだってことになりません…か?」

課長「あっ、いや…きみは、またカニの話をしたいの? 私はカニとか興味ないんだけど」

三嶋「いえ、なんでもないです。すみません」

課長「しかし、あれだな。うちの課で、きみに花束でも贈らないとね。花咲ガニみたいに派手なヤツ」

三嶋「えっ?」

課長「花咲ガニだよ。茹でると、パァっと花が咲いたみたいに真っ赤になる、北海道の。でも、あれもヤドカリ科なんだけどね。六本脚だから。あとヤシガニもそうだな。こんな大きいヤツ」

三嶋「そうなんですか」

課長「そうだよ。きみ、カニのことばっかり考えてるくせに知らなかったの?まぁ、いいや。そうだ、今日はお祝いってことで一杯飲みに行こうか? 奢ってくれとは言わないからさ。でも、カニの話は勘弁してくれよな」

三嶋「ありがとうございます。でも、今日はうちの課のみんながお祝いしてくれるっていうんで」

課長「えっ? みんな知ってたの? 私だけが知らなくて?」

三嶋「いえ、あの、課長にはキチンとした形でご報告したいと思いまして。そうだ。課長もご一緒にどうですか?」

課長「…いかないよ、オレは。別に呼ばれてなかったんだし」

三嶋「そうおっしゃらずに」

課長「いかないって! はずせない会議が入ってるんだよ!」

三嶋「そうですか。じゃ、ちょっとみんなでカニ鍋をつついてきます」

課長「カニ鍋…なんだ」

三嶋「どうかしましたか?」

課長「いや、きみのお祝いだからね。無理しても、行った方がいいよね。カニは苦手だけど」

三嶋「…」

課長「それからさ。たまたまなんだけどね。今日、鞄にカニの図鑑が入ってるから、あとで見せてあげるよ」

おわり

home1