トワイライトゾーンへの招待

葛楽堂タイトル1『葛楽堂』の店主は手土産をもっていくと機嫌がいい。まったく現金なオヤジである。

「はい、お土産! 葉山旭屋牛肉店の焼き豚を買ってきたよ」

「備長炭で焼いたヤツか、あれは旨いな。おまえが土産とは珍しいが」

「珍しくないってば! しょっちゅう持って来てるじゃん」

「そうだったか?」

「そうだよ! ところでさ、桃源さんも『トワイライトゾーン』(1959-1964)が好きだって言ってたでしょ? 僕は大学の頃に、深夜番組で目にしてハマったんだけどさ」

「あれこそ名作だからな」

tw3「今月からね。アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社ってとこから『トワイライトゾーン』のDVDが創刊されたの知ってる? 隔週発売で1回に3本収録。全話を発売予定だって! TVでCMもやってるらしいよ」

「アシェット・コレクションズは、フランスの出版社の日本法人だな。最終巻は84巻とあるからリメイク版も含むのだろう。もっともオリジナル版さえ最後まで出るのかね」

「最後までって何なの? 僕は昔、今は亡きレーザーディスクで、97年から99年に発売された傑作選は持ってたけど…」

「お前、知らんのか? オリジナルの『トワイライトゾーン』は全156話だ。海外ではとっくの昔に全話がDVD化されているが、2013年現在、国内では未だに全話が発売されたことはないのだ。レーザーディスクも傑作選で8巻だったろ」

「でも、10年ぐらい前にDVDが発売されてたよ。高くて買えなかったけど」

「それは2001年1月から日本コロムビア株式会社が、『ミステリー・ゾーン』の名称で発売したDVDシリーズだな。定価が4700円。収録エピソードは放送順には従わず1巻に3~4話がセレクトされていた」

「そういえば何だよくわかんないセレクトだった気がする」

「このDVDは全43巻を予定していたが、2001年末に27巻が発売されたところで突然中断された。要は売れなかったんだな」

「そうなんだ。名作なのに残念だね」

「落胆するのはまだ早い! 2002年末になって、残りの28巻から43巻までを2つのボックスセットにして発売される旨が、コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社の公式サイトで発表されたのだ」

「じゃあ、問題ないじゃん」

「喜ぶのはまだ早い! 早々に予約受付を始めた販売会社もあったが、2003年1月になって販売延期がアナウンスされる」

「えっ?」

「ファンは情報もないまま1年近く焦らされて、結局、2004年1月に正式に発売中止が発表された」

「なにそれ?」

「理由は、コロムビアミュージックエンタテインメントから、版元のImage Entertainmentへの販売期間延期の申し入れが拒否されたということだが、ホントのところはわからんな」

「その含みのある言い方はなんなの?」

「業界なんてそんなもんだってことだ。音楽業界の話だが、以前にソニーが”ガロ”というバンドのボックスセットを発売したことがある。それには彼らが某テレビ局でCSN&Yの楽曲を演奏した映像も収録されるとアナウンスされて試聴盤も作られた。目玉となる映像だ。だがボックスセットは発売が延期された上、結局、発売時にはその映像がオミットされていた。公式発表では、CSN&Yから使用許可がおりなかったということになっている」

garo1「CSN&Yってのはケチくさいんだねぇ」

「そうではないんだな。CSN&Yをカバーした音源は収録されているのに、演奏の映像だけダメなんて不自然だとは思わんか」

「CSN&Yの写真とかが映ってたんじゃないの?」

「違うんだな。実際にはソニーとテレビ局間の過去の因縁から、局側が映像提供を拒否したのだ。つまり公式回答と事実は、往々にして異なるということだな。よくある話だ」

「そりゃ確かに表立っては言えなそうだねぇ」

「その後『トワイライトゾーン』は、今度はインフォレスト株式会社というところから、2010年7月20日に『ミステリーゾーンDVDコレクション』というタイトルで、隔週発売で創刊された。ディアゴスティーニのような形態だな」

「なんだ発売されたんじゃん」

「喜ぶのはまだ早い! ほぼ1ヶ月が過ぎた8月31日に、4号が出たところで突如休刊となった」

「えっ? またー!?」

「落胆するのはまだ早い! 今度はインターナショナル・ラグジュアリー・メディアというところから、インフォレスト版とほぼ同じものが9月7日から”静岡県限定”で創刊されたのだ」

「創刊って、また1号からでしょ。なんで静岡限定なの? でも静岡在住のファンは、揃えることができたんだからとりあえずはよかったね」

「喜ぶのはまだ早い! それも1年ともたずに、2010年3月発売の10号で休刊になった」

「なんなのそれ…」

「つまり、そういう流れがあった上でのアシェット・コレクションズ・ジャパン版の創刊ということだ。完走すると思うか?」

「思いたいけど…自信ないよ」

「落胆するのはまだ早いぞ! 現在、ワーナー・ブラザースとレオナルド・ディカプリオの制作会社アッピアン・ウェイが、映画版新作の『トワイライトゾーン』の制作を進めている。時流に乗れば、完走もあり得るぞ!」

「ホント?! それなら大丈夫かも!!」

「喜ぶのはまだ早い! もし人気が出たならアシェット・コレクションズ版を揃えたところで、安価なDVDボックス版が発売されるだろう。むしろ、それを見越しての創刊じゃないのか」

「安価な…。もう!! どうすりゃいいのさ! さっきの焼き豚返して!!」

店主がニヤリと笑う。嬉しそうにオレをからかう彼は、まるで高度20,000フィートの飛行機の翼でふざけるグレムリンのように見えた。

tw4

[2013/9/20]

home1