[葛楽堂] エポック社『スーパーサッカー』

葛楽堂タイトル1

もうすぐ6歳の誕生日を迎える息子のことが大好きだ。休日に一緒に遊ぶ時間は何にも変えがたいほど楽しい。

ss1なかでも嬉しいことのひとつは、自分が子供の頃にできなかった遊びや憧れていた遊びを、今になって息子を相手に楽しめることだ。

そのひとつが、1969年にエポック社から発売された『スーパーサッカー』。

電子ゲームなどなかった昭和の少年にとって、サッカーゲームは野球盤や魚雷戦ゲーム,ボウリングゲームなどと並ぶゲームの定番だった。

僕も親にねだっていくつかのゲームを買ってもらったけれど、サッカーゲームは友人の家で一度遊んだことがあるだけだった。

ss2『スーパーサッカー』は、競技場も選手もブリキで作られている。英国のテーブルサッカーをアレンジした仕掛けもシンプルで、サイズは37cm×26cmと小ぶりだ。

後継となるサッカーゲームは、現在に至るまで何種類も発売されてきた。それらはプラスチックを素材として複雑な仕掛けも備えているけれど、やっぱり僕にとっての憧れはブリキの選手が頑張っている1969年版だ。

そんなわけで古玩具に興味をもっていた2009年に、ネットオークションで未使用の『スーパーサッカー』を落札した。もっとも遊び相手がいるわけでもないから、そのまま納戸で眠った状態になっていた。

epo1そのサッカーゲームがようやく陽の目を見たのは、息子が4歳になったときだ。一緒に遊んだら、彼のお気に入りの玩具になってしまった。

同じ頃に手に入れた魚雷戦ゲームやボウリングゲームでもよく遊んでいる。昭和も平成も遊ぶ楽しさは、たいして変わらない。

子供と一緒にゲームをして、どんどん強くなっていくのを見るのは楽しい。

このサッカーゲームも、最初の頃は随分と手加減をしていたけれど、今では手加減なんてことはしていない。

シンプルなブリキの選手たちがプラスチックのボールを蹴りあうサッカーゲームは、平成の中の昭和時間。親子で時代と時間が共有できるなんて面白いことだなと思う。

ss3

home1