マイブーム:デロリアンに乗ってみたかった『Back To The Future』

いったい全世界に、どれだけ多くのファンがいるのかわからない程の人気映画”Back To The Future”シリーズ。

オレも1985年の公開時に劇場で観たときには、その面白さにノックアウトされた。

でもって、1987年にビデオソフト化されたときに、ラストシーンで劇場公開版にはなかった”TO BE CONTINUED…”というテロップが入っていたのを見たときには、遂に続編が制作されるのかとワクワクしたね。

もっとも、この時点では”マーティ達の人生の旅はこれからも続く”という制作側のジョークだったらしい。

”Back To The Future”については、様々な解説やトリビアがあふれているので、今更に語ることなんてないけれど、オレにとっては女性たちとの個人的な思い入れが入ってしまうシリーズでもある。

”Back To The Future”は3本の映画が公開された後で、ユニバーサルスタジオのアトラクションやアニメシリーズ、ゲームといったスピンオフ的なフランチャイズ作品もいくつか存在している。

1991年5月にフロリダのユニバーサルスタジオに登場したアトラクション”Back to the Future: The Ride”は、ドクが新たに開発した”8人乗りの新型デロリアン”に乗り込み、「タイムトラベル体験ツアー」に出発するものの、別のデロリアンを盗みだしたビフとの時空を超えたカーチェイスに巻き込まれてしまうという設定。

1991年から1992年にかけてCBSで放送されたTVアニメ「Back to the Future: The Animated」は、映画版から続くストーリーで全26話が作られている。

ストーリーは、マーティやドクとクララ、そしてドクと彼女の息子ジュールとベルヌ、さらにジェニファー、犬のアインシュタインが登場して、デロリアンや蒸気機関車のタイムマシンに乗って冒険を繰り広げる。

物語の冒頭と終わりには、実写のドク(クリストファー・ロイド)も登場。マーティらの声は別の役者が演じているが、クララとビフは映画版と同じく、スティーンバージェンとウィルソンが担当していた。

■日本公開
1985年12月『バック・トゥ・ザ・フューチャー
1989年12月『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
1990年07月『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3

Back to the Future: The Ride
1991年05月02日 ~ 2007年03月30日:ユニバーサル・スタジオ・フロリダ
1993年06月12日 ~ 2007年09月03日:ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド
2001年03月31日 ~ 2016年05月31日:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

TV版 Back to the Future: The Animated Series
1991年09月14日 ~ 1991年12月14日 「Back to the Future: Season1」
1992年09月19日 ~ 1992年12月26日 「Back to the Future: Season2」

それにしても、1994年にフロリダのUniversal Studioで、”Back to the Future: The Ride”の前に展示してあったデロリアンジュール・ヴェルヌ号(Jules Verne)を初めて目にしたときは感動したね。

Universal Studioでも映画に使われたデロリアンとジュール・ヴェルヌ号が展示されていたのは、ここだけだったから。

ちなみにジュール・ヴェルヌ号は、1891年に完成した”Sierra No.3“という機関車が元になっているらしい。

もちろん、DVDやサウンドトラックも3作とも入手しましたとも!

もっとも”Back to the Future”シリーズのサウンドトラックは、映画公開時はともかく、その後にさまざまなバージョンのアルバムが発売されている。

特に最初の”Back to the Future”のアルバムは、挿入歌がメインで劇伴がちょろっと加えられていたモノだったけれど、2015年にIntrada Recordsから3000枚限定で劇伴のみを収録した2枚組アルバム発売されている(1枚目には全ての劇伴、2枚目には別バージョンと未使用曲)。

ちょっとテンポが遅いけれど、”Back to the Future:TRILOGY” では、パート1とパート2の音楽をアラン・シルベストリ指揮で再録音したバージョンと”Back to the Future: The Ride”の音楽が収録されていて、これはこれでなかなかよい。

1990年代は、デロリアンのミニカーやプラモデルなんかにも手を出してたね。高価なものは買わなかったけど。

2020年に『BACK TO THE FUTURE』公開35周年企画として、子供用玩具のプレイモービルから「バック トゥ ザ フューチャー:デロリアンが発売された。

プレイモービルはドイツ製の玩具で、精密さとデフォルメの適度なバランスが1960年代初期のミニカーのように絶妙だ。で、その玩具っぽさが『BACK TO THE FUTURE』にはよく似合っている。

息子が小さな頃、プレイモービルの空港セットでよく遊んでいたんだよね。

そんなこともあってついつい手がでてしまった。だって、玩具としてもよくできてるんだもの。

2019年 70574『Back To The Future』アドベント・カレンダー
2019年 70576「アドベント・カレンダー」Back To The Future Part3
2019年 70634『Back To The Future Part2』ホバーボード・チェイス

BACK TO THE FUTUREⅡ』でマーティが訪れた未来は”2015年10月21日”。このタイミングにあわせて、決定版とも言うべき、224頁のファンブック「バック・トゥ・ザ・フューチャー完全大図鑑」が限定3000部で出版されている。

これは「Back to the Future: The Ultimate Visual History」の翻訳で、原著の方は2020年にアップデート版「Back to the Future Revised and Expanded Edition: The Ultimate Visual History」がリリースされた。

2016年には『僕たちの好きなバック・トゥ・ザ・フューチャー 映画「バック・イン・タイム」』が出版されて即購入。

2021年7月には「バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン・タイムマシン オーナーズ・マニュアル」が出版されている。著者はボブ・ゲイル

こちらは同年3月にアメリカで発刊された「Back to the Future: DeLorean Time Machine: Doc Brown’s Owner’s Workshop Manual」の和訳本で、デロリアンタイムマシンについて、細部まで解説されている。

今頃になって、これほど濃厚なファンブックがでてくるとは思わなかったな。丁寧に作られた本で、これまで資料があまりなかったタイムトレインについても、詳しく書かれているのが嬉しい。

BACK TO THE FUTUREⅡ』でマーティが訪れた未来は”2015年10月21日”。そのとき映像でみた未来から、僕らは既に7年目にいる。

関連記事Back To The Futureのチープトイ

遊人(2022/5/3)

home1