マイブーム:ホラー映画と死霊のはらわた

小学生だった1973年に『エクソシスト』(The Exorcist)や『悪魔のはらわた』(Flesh For Frankenstin)が公開されたとき、オレは映画館の前を通るだけでもポスターやスチール写真にビビったものだ。

1980年代になるとホラー映画ブームがやってくる。これは一般にビデオが普及して、あちこちにレンタルビデオ屋ができたことの影響が大きいと言われている。

確かにホラー映画は、ビデオのおかげで映画館の暗闇でビビることなく、家庭で気楽に観られるようになった。

ビデオで観るホラー映画は、マニア層しか足を運ばなかった映画館とは違って、恐怖を楽しむエンタテインメントだった。

CGなどない時代だったから、作り物っぽさ満載のスプラッター映画もオバケ屋敷を楽しむような感覚で観ることができたね。

オレはウェス・クレイヴンの『エルム街の悪夢』やクライヴ・バーカーの『ヘルレイザー』、ブライアン・ユズナの『死霊のはらわた』なんかのシリーズが好きだったな。

さて、日本では1985年に公開された『死霊のはらわた』(1981年)は、ポスターの強烈なビジュアルが印象深く、他とはちょっと違うなと思わせるものだった。

で、ビビリながら実際に観てみると、恐怖のやりすぎがコメディとの境界線を踏み越えていて、オレは感心したね。

それはほぼリメイクの『死霊のはらわたⅡ』(1987年)から、『キャプテン・スーパーマーケット』(1993年)で、完全にコメディ路線と融合した。

なにしろ『キャプテン・スーパーマーケット』の原題は、”Army of Darkness”だけど、スクリーン上や海外DVDのタイトルは”Bruce Campbell vs. Army of Darkness”なのである。

もはや役名でさえなく、ブルース・キャンベルという俳優の名前がタイトルになっているのだからスゴイ。

そんなわけで、オレは1980年代、1990年代と『死霊のはらわた』シリーズを楽しんだ。

それにしても『キャプテン・スーパーマーケット』の公開から20年以上も経った2015年に、このシリーズの続編が『死霊のはらわたリターンズ』(Ash vs Evil Dead)としてドラマ版で帰ってきたのには驚いたね。

企画はサム・ライミで、主役はもちろんブルース・キャンベル。このドラマは『死霊のはらわたⅡ』の続編としてはじまり、シーズン3まで制作されている。

でもってスゴイのはまったくパワーダウンしていないどころか、パワーアップしていることだ。アッシュもヘン過ぎるのにカッコイイおやじになってるし。

■映画版
・1981/10/15『死霊のはらわた』[日本:1985/2/1]
・1987/5/13『死霊のはらわたⅡ
・1993/2/19『キャプテン・スーパーマーケット

ドラマ版
・2015/10/31~2016/01/02『死霊のはらわたリターンズ シーズン1
・2016/09/27~2016/12/11『死霊のはらわたリターンズ シーズン2
・2018/02/25~2018/04/29『死霊のはらわたリターンズ シーズン3

もうね、1973年型オールズモビル・デルタ88AirStreamトレーラーっていう世界観だけでもグっとくる。

ちなみにサム・ライミの映画には必ず”1973年オールズモビル・デルタ88”が登場する。これは彼の所有物で父の車だったものだ。

死霊のはらわたリターンズ』はシーズン3で終了したけれど、そのエンディングは『キャプテン・スーパーマーケット』の没エンディングのイメージを思わせる。

このドラマ版は権利関係で『キャプテン・スーパーマーケット』の内容について言及することはできなかったらしいけれど、没エンディングにつなげることで、映画版とドラマ版をリンクさせた演出だと感心したね。

感心ついでに、つい”NECA ASH VS EVIL DEAD ULTIMATE ASH WILLIAMS”を注文しちゃったほどだもの。そんでもって、いまは持て余しているんですけども。

遊人(2022/5/3)

home1