[葛楽堂]コンバットジョー ドイツ軍将校

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースの上に、ドイツ兵が入ったシンプルな箱が置かれている。

「桃源さん。あれってGIジョーなの?」

「いや、あれはタカラが1984年に発売した”COMBAT JOE”のドイツ将校だな」

「”COMBAT JOE”ってなに?」

「Hasbroが1964年に発売したオリジナルのGI JOEは知ってるだろ?  その復刻運動が、ワールド・フォトプレス社発刊の『コンバット・マガジン』誌上で盛り上がっていた。それに賛同したタカラが、1975年に終了した”変身サイボーグ1号”シリーズのボディの型を流用して、1984年にリリースしたのが、”COMBAT JOE”だ」

「タカラって、”ニューGI ジョー”とかも出してたね」

「うむ。”ニューGI ジョー”は、1970年に日本向けにGIジョーをリニューアルしたシリーズだが、頭部の造形はまるでリカちゃん人形の恋人役のようだった。リアルなオリジナル版との違和感がありまくりだったな。子供の頃に近所の玩具屋で目にしたときは、”なんだコレ? カッコ悪い”としか思えなかった。GIジョーは、リアルだからこそ男の子に人気があったのに、これじゃダメだなと子供心にも感じたものだ」

「ふーん。”COMBAT JOE”はいい感じになってたわけ?」

「いや、ダメだろ。”ニューGI ジョー”よりは少し頑張った感じはあるが、やはり女の子用”お人形”の顔だな。少女漫画みたいだ。オリジナルのGI JOEのドイツ兵には、” FOREIGN HEAD”と呼ばれる頭部が使われていたが、そのデザインと”COMBAT JOE”のドイツ兵の顔を比べるとよくわかるぞ」

「多少はマシになった感はあるけど、やっぱり、”お人形”の顔だね。”COMBAT JOE”って売れたの?」

「当時は、連載中の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でも取り上げられたりしたからな。発売当初の3種だけは、一部で盛り上がっていた。WW2の米兵、ドイツ兵、現米兵だな。だが、マニアが求めていたのはGIジョーの復刻版だった。オリジナルを凌駕するようなリアルなデザインならまだしも、いまひとつのお人形顔だったからな」

「コレジャナイ感ってやつだね」

「うむ。小物は金属で作られていたり、プラモデルタイプの精密なものが販売されていたけど、このあたりも凝りどころの方向性を間違えている感じだった」

「難しいもんだね」

「この後、そこにあるWW2のドイツ軍将校、S.W.A.T、最後にはゴジラの着ぐるみまで発売されたが、人気が出ることはなく、約1年で販売を終了となった」

「ゴジラの着ぐるみなんてあったんだ」

「なかに入るヒト用に、三浦友和をイメージしたという日本人顔のヘッドも作られていたな」

「へぇ」

「まぁ、”COMBAT JOE”はニーズの読み違えもあるだろうが、売り出し時期もよくなかったかもしれんな。1990年代になるとHasbroのGI JOEの再注目もあって、時流にのることができたかもしれない。1996年にバンダイから”アクションドール 両津勘吉”なるシリーズが発売されて、そこそこ売れたようだ。まぁ、そういうもんだろ」

両津勘吉は、全然違うじゃん!」

葛楽堂の店主はニヤリと笑うと、カウンターの珈琲を飲み干した。

home1