若者たちVSサラリーマン

渋谷の魚民で飲み会があった。つまみを食べていると、ちょっとばかしお腹がユルい。でも、居酒屋の店内だからね。焦ってトイレに行くこともない。

そんなわけで、会話の切れ目を狙ってトイレに立つんだけど、その度にタイミング悪く誰かが個室に入っている。小便器が3つと個室がひとつあるだけのトイレ。

まったくいい加減にしろよな。こっちだってお腹の都合があるんだよ。だんだんと差し迫ってきてんだよ。っていうか、これ以上はヤバイって状態なんだよ。

これが最後のタイミングとばかりに早足でトイレに向かうと、若者たちがトイレ前の廊下にたむろしている。しかもピアスとかタトゥーとかしてて、なんかコワイんだけど…。

トイレの個室では酔いつぶれた1人を2人の若者が介抱しており、仲間らしい6人が遠巻きにその様子を眺めている。

これじゃ、当分空きそうもない。でもね、そっちがゲロなら、こっちはウンコなんだよ! しかも、もう我慢するのムリだから!! 若者、死ね死ね!

でも、ここで個室をゆずれとか言ったら、オヤジ狩りとかされそうだ。今、腹にパンチでも食らったら盛大に噴出してしまう。しょうがないからその場を出て店員に泣きついた。

「トイレで吐いている人がいて、入れないんですよ。あの、従業員用のトイレを貸してもらえませんか…」

「すみません。トイレはここだけなんです」

なんだとー! お前の首、もげろ!! 死ね死ね!

どうしよう。他の階の店のトイレを借りに行くべきか? だが、エレベータを待っている時間的な余裕はもうない! もはや、いつ暴発するかもわからないせっぱつまりまくりの状況なのだ!

こうなったらアナーキーな若者たちと直談判しかない。オレは意を決して再びトイレに行くと、個室の前の若者をつかまえてビシッと言った。

あの…悪いんだけどさ。ウンコが漏れそうなんだよ。ホントにヤバイの。ちょっとでいいからトイレつかわせて…

どうだ! こちとら会社じゃ、下手に出まくってるんだよ。立場、弱いんだよ!

さぁ、どうする? 来るなら来い。こっちは限界だからな! もしオレが漏らしたら、お前たちも巻き添えにしてやるからな!

「あっ、どうもすみません! コイツ、すぐどかしますから」

若者たちはそう返すと、便器を抱えてうずくまっている仲間をズルズルと引きずりだした。

「悪いね。ありがと!」

オレはすばやく個室に入った。気持ちのいい若者たちじゃないか。この気持ちは、個室を出るまでは忘れないぜ。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク