ドラえもんの道具~カップめんのプラモデル

Amazonから荷物が届いた。「何だっけ?」と思って開けてみたら”1/1 カップヌードルのプラモデル”だった。そういえば、6月ごろに勢いで予約してた気がする。

これね、Bandaiの製品ページに詳しくでているけれど、かなり凝った代物。

でもって、実はカップヌードルのプラモデルは、1977年にドラえもん』の道具として登場している。

初登場は『小学六年生』1977年12月号に掲載された”あとの後悔さきにたたず”というエピソード。後に”ぼくを止めるのび太”と改題されている。

手元にある『藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん』では5巻に収録されていた。

お小遣いで「カップめんを10個買う」か「プラモデル」にするか迷うのび太にドラえもんが渡したのが、”カップめんのプラモデル”なのだ。

そして漫画に描かれているカップめんは、カップヌードルそのもの。まさかこのプラモデルが、40年以上も過ぎて実現するとは。

”どこでもドア”や”タイムマシン”はいつになるかわからないけど、ドラえもんの道具のひとつが世に出たことは藤子不二雄ファンとして嬉しい。

しかし、ここまで凝ったプラモデルを作れるのなら、Bandaiの次回作にはぜひ崎陽軒のシウマイ弁当を選んでほしいと思う。

シウマイやタケノコを弁当箱に配置していくだけで猛烈に楽しそうだもの。もちろん最後にはかけ紐も結ぶのだ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク