父親と湯飲みと息子の不安

先日、実家で食事をした。既に食卓についていた父親は、テーブルに料理が並び始めると、読んでいた新聞を片づけ、テーブルの上を眺めて母親に声をかけた。

「かーさん、ワシのお茶がないよ。」

「ちゃんと、出したわよ。」

「どこや? ないで?」

父親はテーブルの上をもう一度、見回している。やがて母親が、半ギレ気味に叫んだ。

あんた、自分の手にもってるでしょうが!

あっ!!

自分の手にある湯飲みに驚く父親…。

私は心配になって、食事後にこっそりと母親に聞いた。

「ねぇ、父ちゃん、ヤバくない? ボケちゃったんじゃないの?」

だが、母親の答えはシンプルだった。

「いや、昔からあんな感じだよ」

そういえば以前に父がメガネを探していたことがあった。

よくコントで、”メガネをオデコにのせたままメガネを探す”という設定があるけれども、父親の場合は違っていた。

父は、メガネをかけたままメガネを探していた

ホントにボケたんじゃないかと心臓に悪いので、もう少し頑張ってほしいと真面目に思う。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク