更新情報-藤岡藤巻ディスコグラフィ

昨日は、ジブリ作品で有名な音楽家、久石譲さんのイタリア映画祭コンサートに一緒に行っていた藤巻さん(藤岡藤巻)が帰国して、和食を恋しがってたので有楽町のガード下で焼きトンを食べた。

20150430「子供にiPhoneのmusicboxっていうのを教えてもらってさ、やってみたら『藤岡藤巻Ⅲ』のアルバムが丸ごと全部聴けるんだよ。あのアルバムってあらためて聴くとよくできてるよ。すごく面白いのな!」

藤巻さんさ、それってふつーは「無料で聞けるとはどういうことだ!」って怒る場面なんじゃないの?

「でも、『藤岡藤巻Ⅰ』の方のアルバムは入ってなかったんだよね。聴きたかったな」

藤巻さんさ、自分でアルバム持ってるよね? なんなら、オレが入れておこうか?

でも、藤岡藤巻の2枚のアルバム『藤岡藤巻Ⅰ』と『藤岡藤巻Ⅲ』は、いろんな要素が噛み合った素晴らしいアルバムだと思う。すべての歌の作曲とコンセプトを考えた藤岡さんはやっぱり天才だし、藤巻さんの表現力は音程なんかよりも、もっと大切なことを教えてくれる。

藤岡藤巻としてのライブは、もう3年ぐらいやっていないけれど、藤岡さんと藤巻さんの才能とパワーあふれるライブをそろそろ見てみたい。でも、この人たち、なかなかやる気にならないからなぁ。

今度やるときは二人とも還暦を超えたから、藤岡藤巻のコンセプトだった”等身大のサラリーマンオヤジ”を、ちょっと見直して、”テキトーな説教ジジイ”でいくのも楽しそうだ。”死ねシリーズ”の代わりに、”死ぬシリーズ”とか作っちゃったりなんかして。

f2-1ところで、藤岡藤巻は2007年に大橋のぞみちゃんと『崖の上のポニョ』の主題歌を歌わせていただいたんだけど、これって「どーせ、裏で事務所とかが動いてゴニョゴニョしたんじゃないの?」って思ってるでしょ?

でも、そういうの一切ないから。

もともとは大橋のぞみちゃんが一人で歌う予定だったんだけど、鈴木敏夫さんが「お父さんの声があったらいいかも」と閃いて、とりあえず藤巻さんに仮歌を頼んだわけ。

藤巻さんは広告代理店でジブリ映画の担当だったから、ふだんから顔をあわせてるし、鈴木さんは藤岡藤巻のライブにもよく来てくれてたからね。

そんなわけで、藤巻さんとのぞみちゃんはジブリの地下にあるスタジオで仮歌の録音をはじめたわけ。そしたら1階のブースから、ここはこうせいああせいと細かい指示がとんでくる。

声しか聞こえないから藤巻さんは「誰だかわかんないけど、ウルサイおやじだな」と思いながら録音を済ませてスタジオを出たら、指示を出していたのは、なんと宮崎監督だった。

furi1しかも仮歌を絵にあわせてみたらいい感じだったので、「これでいいんじゃないの」なんて言ってる。

藤巻さんはさすがに「これ仮歌だし、会社的にマズイし、ちゃんと歌えるプロに頼みましょうよ」って言ったんだけど、なぜか決まっちゃった。

でも、久石さんだけは「曲が台無しになる!」と最後まで猛反対。

その久石さんが藤巻さんを認めたのは、主題歌発表の記者会見の時だったという。

100人以上の記者の前で受け答えをする藤巻さんとのぞみちゃんの姿を見て、久石さんは、藤巻さんでよかったかもと思えたような気がしたような魔がさしたような感じになったらしい。今では、久石さんと藤巻さん、仲良しオヤジになってるし。

そんなわけで、今回は藤岡藤巻がこれまで発表してたCDや書籍なんかをまとめてみました。

藤岡藤巻と遊ぶ に 藤岡藤巻ディスコグラフィ を追加しました。

あと、藤岡藤巻が2008年にパルコ劇場でライブをやったときに会場で配布したチラシの文面も掲載しました。これ、自分で書いたくせに読み返す度に笑ってしまう。ライブ前にこんなチラシをもらったお客さんも、どう受け止めていいかわからないよなぁと思いました。

藤岡藤巻と遊ぶ に パルコ劇場ライブの配布チラシ を追加しました。


カテゴリー: 09.藤岡藤巻, 20.更新情報 パーマリンク