勇気の言葉:赤面症の人を慰める

まだ社会人になって間もないフレッシュマンの頃のことである。

私と同期の山田は、社内会議で初めてレポートを発表することになった。

会議前に気が小さな山田は、私に切なそうに言った。

オレ赤面症だから、こういうとき赤くなるんだよ。イヤだなぁ

そこで私はこう言って彼を勇気づけた。

「気楽にいけよ。オレなんかミカンを食べ過ぎると黄色くなるよ

自分で言うのもなんだが、赤を黄色で慰める見事な台詞ではなかろうか?

彼は自信なさそうに笑っていた。

だが会議の席で発表をはじめると、さっきの言葉が効いたのか、彼は赤くなどならなかったのである。

山田の顔色は青くなっていた。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク