通勤電車で生まれた絆と知らない方がよかった現実

都内の職場に通うサラリーマンなので、朝の通勤ラッシュは大変なわけです。

多少、時間をずらしたところで混雑の状況なんてたいして変わらないし。もうね、車内はトコロテン突きのニュルニュルーって出てくるとこをふさいだ状態で、後ろから押されてるみたいなもんだからね。もうムリってくらいに押されるから。

だいたいさ、パーソナルスペースなんつー、他人に近付かれると不快に感じる距離ってもんがあるらしいけど、満員電車なんて、そんなのガン無視だもん。見知らぬ人と身体が触れ合うなんて、ふつーに考えればありえないもんね。

あれさ、車両毎にエレベーターみたいな重量制限ブザーをつければいいんじゃないかと思うんだけど。重量オーバーになったらブッーみたいな。

ドアの上には制限重量の数字がデジタルで表示されててさ、乗客が乗るたびに体重分の数字が減ってくの。

まぁ、そんなことを考えつつ、混み合う電車に揺られていたわけです。すぐ隣には、別の乗客に吊革を占領されて、掴まるものもないOLさんが頑張って立っていました。

次の駅に到着するという直前で、不意に電車がガクンと揺れました。OLさんはその拍子に前につんのめって、そして・・・

目の前に座っていたハゲおじさんの頭を、片手でガシッと掴んでしまったのです

奇跡のアイアンクロー。周囲の微妙な空気。彼女は朝の占いを見てきたかもしれないけど、「今日は知らないオジサンのハゲ頭にアイアンクローをかますでしょう」なんてことは絶対に出てなかったと思う。つまりは心の準備なんてできてなかった。

後ろの乗客達の力も加わって、彼女はバランスを崩したその姿勢のまま元に戻ることができない。

「ごめんなさい!」

「…いいえ」

ハゲおじさんは、OLさんの体重を頭でグッと受け止めています。若干、アゴをひいてOLさんの腕と一直線になるような角度をつくり、自身の首が痛まないように気合いも入ってる。クワッと目を見開くその姿は、まるで落武者のさらし首のようにも見えました。

電車は、OLとおじさんをそのままの姿勢に保ったまま駅に到着しました。乗客たちがゾロゾロと降りて、ようやくOLさんも体勢を直してハゲおじさんの頭から手を離すことができました。

「どうもすみませんでした」

「どういたしまして」

さりげなく交わされた言葉には、同じ戦場で戦った者同士の間に生まれる奇妙な友情のようなものが含まれていたように思います。普段は互いに別世界で生きているOLと中年オヤジの間に生まれた美しい絆・・・。通勤電車にだって、こんな物語が生まれることがあるのです。

OLさんは、電車を降りていきました。

座席に残ったおじさんの表情には、心なしか満足げな”やりきった感”が浮かんでいます。おじさんの背中の窓越しに、OLさんがホームを歩いていく姿が見えました。

彼女はすぐにハンカチで手を拭くと、鼻にシワを寄せて手の臭いを嗅いでいました

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク