更新情報-イヌの気持ちは複雑だ

pino1真っ黒なミニチュアダックスの女の子が家にいる。息子よりひとつだけ年上だ。

息子と遊んでいると必ず仲間に入りたがるし、いつもチョコマカとついてくる。番犬の役にはとても立たないけれど、真っ直ぐな目をみると癒される。

イヌは人間の最高の友達で、どうしてそこまで人間なんかのことを慕ってくれるのだろうと、申し訳なくなるくらいだ。

ネイティブアメリカンの伝説に、僕の好きなイヌの物語がある。

ある日、偉大な精霊が人間と動物の世界を明確に分けるために底なしの谷を作ることにした。

犬は最初、他の動物たちと同じように谷の向こう側にいた。人間と動物たちの間の谷はどんどんと開いて深くなってくる。犬は対岸から人間を見つめ、そして動物達の元に戻っていった。

谷はさらに広がって深みを増していく。犬はもう一度、人間を見つめていたが、やはり動物達の元に戻っていった。

ついに、もう誰もその谷を飛び越えられなくなる・・その瞬間、犬だけが、えいっと谷を飛び越え、人間の世界にやってきた。その日から、犬は永遠に人間と暮らすことになった。

この物語の最後、犬の決断の場面を想像すると、なぜか泣けてくる。そんなわけで今回はイヌの話・・・とは言っても、子供用の学習テキストの話だけれど。

イヌの気持ちは複雑だ を追加しました。


カテゴリー: 20.更新情報 パーマリンク