世間話が苦手なものですから

仕事絡みの飲み会で声をかけられて皆と飲んだ。話題が移り変わっていく中で”世間話”の話になる。相手は正面に座っていた初対面の中堅社員である。

「静 炉巌さんは、初対面の人でも話を盛り上げるのうまそうですよね」

「全然逆だよ。人が興味を持つような話ができないし、本来は人見知りだからね。だから初対面の人ともパっと世間話ができて仲良くなれる人がホントに羨ましいよ」

「ゴルフの話なんかだといいんじゃないですか?」

「ゴルフなんてやったことないもの。だってブルジョワのスポーツじゃん。それに18ホールもあるからね。自分は飽きっぽいから4ホールぐらいで帰りたくなると思うんだよ。だからダメ」

「じゃ、サッカーとか野球の話題は?」

「プロスポーツってダメなんだよ」

「何がダメなんですか?」

「だってプロの選手って知らない人だもん。知らない人が知らない場所で運動やってるのを見たいとは思えないんだよね。友達や家族が試合に出るっていうなら応援しようと思うけど、知らない人がどこでサッカーやってたって別にいいし」

「静 炉巌さんは、テレビとか見ないんですか?」

「全然見ないよ」

「ラジオは? 結構、面白いですよ」

「聴かない。だってラジオって、電車で隣に立った知らない人が一方的に話かけてくるようなもんでしょ? そういうのは、ちょっと苦手なんだよね」

「そんなシチュエーションは誰だってイヤですよ!」

「あとアシスタントがいるラジオだと、喫茶店で隣の席の会話を盗み聞きしてるみたいで気が引けるしさ。聴いてるのバレちゃったかなって」

「…世間話のネタ、ないですね」

「ないの。もうね、無難な世間話って天気ぐらいしか残ってないんだよ。『今日、いい天気ですね』とかさ」

「それ、瞬殺で世間話終わりじゃないですか」

「そうなんだよ! 会話を引き延ばそうとしたら、『明日の天気はどうですかね?』、『明後日も晴れますかね?』、『その次の日はどうでしょう?』、『そろそろ雨が来ますかね?』とかぐらいしかないんだよ」

「会話が発展しませんね」

「しないんだよ! だからいつも困ってるわけ」

「だったら趣味の話題とかどうですか?」

「趣味って、”マッチ棒で五重の塔を作る”とか”牛乳の蓋を集める”とかってやつでしょ?」

「いまどきそんな人いませんよ」

「オレが興味があるものって、ニッチだからウケないんだよね」

「でも、相手がマニアだったら話が盛り上がりますよ!」

「それがダメなの。オレは上っ面だけで中途半端だからね。マニアがノッてきちゃったら、こっちが引いちゃうよ。もうそれぐらいで勘弁してくださいって思っちゃう」

「ダメダメじゃないですか。でも、私も趣味はニッチなんですよ」

「どんな趣味なの?」

「インラインスケートをやってるんです」

「スケート!? ニッチじゃないよ、カッコいいじゃん! どこのアイススケート場?」

「違いますよ。靴にタイヤがついてるスケート。ローラースケートです」

「マジで!? オレ、それ買いに行ったけど売ってなかったよ! 店員に聞いたらアレは子供用で、大人用はありませんってバカにされた感じで言われた。どこで買ったの?」

ヒーリーズ「あの、もしかして…静 炉巌さんが言ってるのは、靴のかかとにローラーがひとつついてる靴のことじゃありません?」

「そうそう!」

「それは売ってませんよ! 子供専用ですから! インラインスケートっていうのは、靴に一列にタイヤが並んでいるローラーシューズです」

「ふーん…」

「いきなり興味なくしてますよね? 面白いんですよ。若者にいい年したオヤジが何やってんだって目で見られるけど、そういうときはワザを見せて驚かせます」

「いいなぁ、ワザとかできて…。」

「まぁ、だいたいは転ぶんですけどね」

「わははー! あっ、オレも何年か前だけどワザをもってたよ! 台車!」

台車1「えっ?」

「台車だよ、台車! 荷物を運ぶやつ」

「はぁ…」

「当時、新宿の高層ビルに会社があったんだけど、フロアの廊下に90度の曲がり角があったのね。で、休日出勤とかしたときって、気分転換に台車を廊下に運びだすわけよ。一人しかいないから」

「…」

「で、全力で走って台車を押してさ。カーブの直前で台車にパっと飛び乗るの。こんな感じで横向きになって、右手でハンドルを掴んで左手でバランスをとる感じね。で、カーブになったら身体を後にそらせて片輪走行にするとうまく90度の角を曲がれるんだよね。それが面白いの!」

「そんなことやってたんですか」

「やってた。廊下はクランクになってたんだけど、曲がれるのは一度だけだね。続けて反対側にも曲がるのは無理。もし、できるっていうヤツがいたら、そいつは嘘ツキだよ。オレ、何度も挑戦したもの」

「それってニッチ過ぎですよ」

「確かにニッチなスポーツかな。結局、ビルの警備員に取っ捕まって止めたけど」

「捕まったんですか?」

「うん。ある時、オレがカーブを曲がったら、すごい顔で警備員が走ってきて怒られたんだよね。しょうがないから、オレは会社には内緒にしてくださいって泣きついたよ」

「なんでドヤ顔してるんですか?! おかしいですよ」

「だって会社にバレなかったから」

「そこは威張るところではないです」

「もしバレてたら、今のオレはなかったな。きっと今頃は倉庫とかで台車を押す係をしてるんじゃないかと思うよ」

「また乗ってるんじゃないですか?」

「それじゃ台車に憑りつかれてるよ。さすがに反省してるんじゃないの? そう思いたい。もうひとつの世界のオレのために!」

「静 炉巌さん、やっぱり世間話に向いてないですよ」

 世間話に向き不向きなんてあるんだろうか? 苦手だという自覚はあったものの、向いてないとストレートに指摘されると、どうにも悔しい気持ちになるのであった。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク