まりちゃんズの話

このところ、”まりちゃんズ”を聴いていた…とは言っても、このバンドをご存じない方も多いと思う。

fuji2彼らは2008年の映画『崖の上のポニョ』のテーマソングを大橋のぞみちゃんと歌っていたオヤジバンド”藤岡藤巻”のルーツとなる1970年代のハチャメチャなバンドである。

藤巻直哉/藤岡孝章/尾崎純也という地元(大森)の同級生3人で結成された”まりちゃんズ”は、1974年に『ブスにもブスの生き方がある』でデビューした。

中学生の悪ふざけのような無邪気な感性でブス、ウンコ、同性愛といった歌を歌っていた彼らは、複数のバンドがパッケージ化されたコンサートが当たり前だった当時、楽屋で初めて一緒になったバンドともすぐに打ち解けたが、ステージを終えて戻ってくると、その歌のあまりの下品さに誰も口をきいてくれなくなったという。

mari1

高校時代の藤岡さんは、そもそもは”5分前”というバンドを組んで真面目な音楽に取り組んでいた。

そのバンドの演奏を聴いた藤巻さんが、「真面目でつまらない」と身も蓋もない感想を言ったことから、だったらどうだとばかりに藤岡さんが作ってきたのが『まりちゃん』という歌である。

憧れの女性を神格化して「まりちゃんもウンコをするのかな? まりちゃんのウンコもクサイかな? いや、まりちゃんがウンコなんかするはずない。しちゃだめー!♪」と歌い上げる『まりちゃん』のデモを聴いた藤巻さんは、「コイツは天才じゃないのか」と心から感心したという。

ちなみに、バンド名の由来ともなった”まりちゃん”とは、3人が憧れていた同級生のことである。レコードのライナーノートには、メンバーがそれぞれ天地真理、夏木マリ、田中真理のファンだから”まりちゃんズ”としたと書かれているがシャレだ。

彼らは、まりちゃんとお近づきになるべく、”まりちゃんズ”というバンド名を決めて、「一緒にバンドを組みませんか」とまりちゃんに持ちかけた。

実は”あいちゃんズ”という女の子と男3人のバンドがあって、彼らが”あいちゃん”という女の子と仲良くしているのをみて、”まりちゃんズ”を結成することにしたのである。

しかし、『まりちゃん』を聴いた彼女は「アンタたち、頭がオカシイんじゃないの!」と即答で断ったという。っていうか当たり前だよね。まりちゃんは人生の正しい選択をしたのだ。そんなわけで、”まりちゃんズ”は”まりちゃん”のいないバンドとなった。

mari2まりちゃん』は、ファーストアルバム『三巴狂歌』に収録されているけれど、プロデューサーの意向で、ボーカルパートにはザ・フォーク・クルセダーズの『帰って来たヨッパライ』のような音声処理が加えられた。

この音声処理に不満をもっていた藤巻さんと藤岡さんは、リバイバルブームに乗って発売したアルバム『埋蔵盤』(95年8月)に、あらためて『まりちゃん』を収録した。

70年代の活動時のデモを集めた『埋蔵盤』の中で、『まりちゃん』は数少ない新録曲のひとつとなっている。

ところで自分は80年代になってから”まりちゃんズ”を知ったのだけど、彼らの楽曲をはじめて聴いたときの衝撃は忘れられない。

”まりちゃんズ”は出す曲が放送禁止になってしまうので、知る人ぞ知るという存在だったけれど、いつになっても彼らへの正当な評価を読むことも聞くこともなかった。

そこでインターネットが普及しはじめた頃にはじめた『湘南 から元気倶楽部』というWEBサイトに、”まりちゃんズ”の記事を書いたのが2001年末のことである。

2003年になって、それを読んだ藤岡さんから「まりちゃんズを、はじめて褒められました」とメールをもらった。尾崎さんはすでに音楽を辞めていたから、そこから藤岡さん、藤巻さんとの交友がはじまった。

そのうち「今度、二人でバンドをはじめようと思ってるんだけど、ブレインとして参加してよ」と声をかけられて、藤岡藤巻がはじまった。

ということで今回の更新は、人生の幅が大きく広がるきっかけとなった記事の掲載です。

藤岡藤巻と遊ぶ に スーパーパンクバンド”まりちゃんズ を追加しました。

 ところで、”まりちゃんズ”をリスペクトすべく書いたこの記事なんだけど、あらためて読み直してみたら、全然、褒めてないじゃん!

bus1

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい, 09.藤岡藤巻 パーマリンク