「四捨五入すると」ってなんだよ

どうにも許せないことがあってね。いや、まぁ、ホントは許してるし、実は全然どうでもいいと思ってるんだけど、一応、勢いのある文がいいかなと思って。・・・すみません。

よく年齢の話とかになるとね、「私、もう35歳だから、四捨五入すると40歳だよ」みたいなことを言う人がいるわけです。

で、この”四捨五入”ってところがなんかカチンとくるわけ。だってさ、年齢を”四捨五入”することになんの意味もないじゃん。

オレだってね、バカ話みたいな意味のない会話は好きだよ。逆にちゃんとしたこと喋れって言われたって喋れないしさ。でも、年齢を”四捨五入”することはないんじゃないかと思うわけ。

しかも、これを口にする人ってのは別に笑わそうと思ってるわけでもなく、ごく普通の会話の流れとして、挨拶みたいに自然な感じで言ってるっぽい気がする。

だってさ、年齢を”四捨五入”することが許されるんなら、”切捨て”や”切り上げ”だって許されることになるよね?

「私、もう31歳だから、切り上げたら40歳になっちゃう」とか、「オレは39歳だから、切り捨てたら30歳だな」っていう会話もアリってことになるよね。

そうなるってーとさ、”足し算”をとり入れたっていいだろ!ってことにもなるわけさ。意味がないってことにおいて同じなんだから。

ボクはもう22歳なんで、38を足したら定年なんですよ」っていう会話だって、自然だってことになる。いくらなんでもそれはヘンじゃないかと思うわけ。でも、これをヘンだと言うのなら、四捨五入だってヘンなんだよ。

オレも大人だから聞き流しているけど、こういう”四捨五入”を会話に持ち出されたときは、心の中で「オレなんて、100足したら日本一の長寿なんだぜ!」などと、ついつい毒づいてしまう。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク