藤巻さん(藤岡藤巻)とオヤジの散歩の会 ~ 網代

藤巻さん(藤岡藤巻)と山田さん、羽生さんといったいつもの仲間たちで出かける”オヤジの散歩の会”では、半年に一回ぐらいの割合で温泉旅行に行っている。

箱根、熱海、湯河原に続く4回目の温泉は、熱海市の網代だ。以前にも熱海には出かけているけれど、今回は初めての宿である。

あいにくの雨だったので、網代駅で集合してそのまま宿に向かう。網代駅は無人駅で、乗ってきた切符は備え付けの箱に入れるようになっている。

ajiro1ちなみに乗車する場合は、改札前に備え付けられた赤いボックスの発券ボタンを押すと、「乗車駅証明書」が発券されて着駅で運賃を支払うという仕組みである。

無人駅を利用したのは初めてだったので、新鮮な体験だった。

宿は”平鶴”というホテルで、3時にチェックインしたらすぐに温泉に向かう。このホテルには海が目下に見える露天風呂があるのだ。やっぱり露天風呂はいいよね。

roten露天風呂で海を見ながら近況やバカ話を語る。

皆、いろんなことがあるけれど、温泉と仲間たちに癒される。ホント、この旅行は貴重だ。

のんびりと温泉に浸かって、のぼせそうになったところで、ようやく部屋に戻ることにする。

外は雨だから、あとは夕食までアルコールを飲みながらだらだらとした時間を過ごすのだ。

オヤジの定番である”身体の具合の悪いとこ自慢”や”健康の秘訣”、毛生え薬の話。今回は社会人一年目の若者も混じっているので、彼を励ますために珍しく会社のことまで話題になる。

hiraturu2そして、また温泉に入ってから夕食だ。

このホテルの夕食はよくあるバイキング形式じゃなくて、 ちゃんとした料理が用意されている。

刺身やアワビの踊り焼き、アンコウ鍋、天ぷらなど、美味しくて腹いっぱいになって皆、満足だ。

膨らんだ腹を抱えて布団が敷かれた部屋に戻ったら、それぞれに寝そべったり、座椅子に持たれたり、テーブルを囲んだりしながらアルコールやお茶でまたダベる。

藤岡藤巻のバンマスである羽生さんが、”本家 藤岡藤巻”の最近のライブ映像をスマホで見せてくれて藤巻さんと盛り上がる。

藤「オレの声にそっくりじゃん!」

静「音が外れるところまで似てるよね」

”本家 藤岡藤巻”と言っても、気が狂った藤岡藤巻のファンでもない限り何のことかわからないと思う。

藤岡藤巻がファーストアルバムを出した頃に、サイトに藤岡藤巻のフランチャイズ広告を出したことがある。

飲み屋での思いつきからはじまったけれど、これは自分たちが働かなくてもお金が入るという究極の計画であった。

ajiro3要は、”藤岡藤巻”のフランチャイズに加盟してくれれば、”藤岡藤巻”という名前と楽曲とMCをすべて自由に使って活動して構わないので、売り上げの一部を収めてねというものである。

しかし、そもそも藤岡藤巻自身が売れないので、フランチャイズの申し込みがくるわけがない。

仕方がないので当時、藤巻さんが勤める会社で働いていた”まりちゃんズ”(藤岡藤巻の前身)ファンの工藤くんとその友達の石村くんに、”藤岡藤巻フランチャイズ1号店”と名乗ってもらってコピーバンドとしての活動をお願いしていたのである。もちろん、シャレなので無料だ。

で、そのうちに藤岡藤巻にジブリの”崖の上のポニョ”の仕事が来たので、この期間は「娘よ」など刺激が強い楽曲は自粛することになった。

それじゃつまらないので、”藤岡藤巻フランチャイズ1号店”の二人が藤岡藤巻に反旗を翻すというストーリーを考えた。

彼らは「そんなお行儀がいいのは藤岡藤巻じゃない! 藤岡藤巻はもう終わった。これからはオレたちが藤岡藤巻の”本家”を名乗る!」とばかりに、”本家 藤岡藤巻”と改名して、藤岡藤巻が自粛している楽曲も気にせずに活動を続けるというストーリーだ。

工藤くんと石村くんは、律儀に”本家 藤岡藤巻”を名乗って活動してくれて、藤岡藤巻が活動を休止している今でも、しっかりと”本家 藤岡藤巻”のライブを続けている。

だが、あろうことか殆どのお客さんは藤岡藤巻をあまり知らないので、”本家 藤岡藤巻”がオリジナルだと思い込む現象が発生しており、ライブ会場では「テレビではおじさんだと思ってましたけど、実際は若いんですね! 感動しました!」などと握手を求められる事態にまでなっているのである。なんだそれ!?

まぁ、元がフランチャイズなんだから本物であることには違いない。

ajiro2そんなわけで、ことほど左様に世の中なんて何がどうなるかなんてことはわからないものなのだ。

そんな感じで夜更かしをしつつ、翌日はこれまた美味な朝食を堪能してチェックアウト。

例によってブラブラと散歩をしながら、目についた甘味処で小腹を満たしてオヤジたちは解散するのであった。

ajiro4


カテゴリー: 09.藤岡藤巻 パーマリンク