お気に入りよ、お疲れ様です

休日の朝に目覚めて、着替えようとしたら引き出しに服が見当たらないので、キッチンで朝食の準備をしてるヨメに声をかける。

「おはよう。オレの長袖の服がないんだけど」

「捨てたわ!」

「えっ! なんで? 気に入ってたのに」

「あんた同じ服ばかり着てるでしょ! しかも、手術みたいに縫った跡があるやつ」

確かに探していた服は、外で何かに引っ掛けて破れた部分を縫ってもらってたので、縫い目がまるで盲腸の跡のようになっていた。でも、オレにしてみれば平日は会社だから、1週間ごとに着ているだけの感覚だ。

「いいじゃん、気に入ってんだもん」

「それを着て外にも出ていくでしょ。私が服も買ってあげないみたいに近所に思われるじゃないの。この前、フレンチの店で食事したときもその服で行くし! 捨ててやったわ!」

「いつも洗濯してくれてるし、誰も気にしないよ。だいたい他に服ないもん」

「ちゃんとあるでしょ! あるのに同じのしか着ないんじゃないの!」

ヨメはそう言うと、引き出しから魔法のように服を取り出した。

「あぁ、あったね。あと、ジーパンも見当たらないんだけど…」

「捨てたわ!」

「えぇっ!?」

「あんた、ジーパンも同じのしか履かないから、白くなってヒザも破れてるでしょ! いまはゴミ集積所にあるから!」

「でも気に入ってたから」

「ほかのを履きなさい。この前、息子が『お父さんのお誕生日に、お小遣いでズボンを買ってあげる』って言ったんだからね。小学生ながらに気にしてるのよ」

「そうなの? なんか泣ける話だけど、オシャレで擦り切れたジーパンを売ってたりするじゃん」

「そういうのは若者が履くの! あと、穴があいた靴下も捨てたからね!」

「オレは気にしないけどな」

「こっちが気にするの! ちゃんと自分で捨てなさい」

「家の中ならだけならいいかなって。それに履くだけ履いて穴が開いたから人間の都合で捨てるって、靴下が可哀そうだし」

「そんな人は、家族が可哀そうだよ!」

そんなわけで、ちょっとばかり反省しました。2か月後には、また同じことを言われてる気もするけど。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク