みんなコロンブスのせいさ

小学生の子供がいるので、うちのカレーは辛くない。

だから適度な辛さが好みのオレとしては、カレーパウダーをふりかけて食べることになる。

51wam0gabxl-_sl500_aa300_瓶に入った”インディアンカレー”のパウダーだ。

そして、カレーを食べながら瓶のラベルに描かれたインディアンを見るたびに、「コロンブスってのはしょうがないヤツだよなぁ」と思うのである。

コロンブスってのはもちろん新大陸を発見したというあのコロンブスだ。

コロンブスは新大陸に到着したのに、そこはインドだと思い込んでいて、先住民族のことを”インド人”(Indian)=インディアンと呼んだ。

そんなわけで、このカレーパウダーのラベルもおかしなことになっていて、”INDIAN CURRY”(インドのカレー)という商品名なのに、描かれているのは”インド人”ではなく、”ネイティブ・アメリカン”なのである。

”ネイティブ・アメリカン”とカレーは関係ないから。

それもこれもコロンブスが原因なわけで、オレは家でカレーを食べるたびに、会ったこともないコロンブスの壮大な勘違いにため息をつくのである。

もっともコロンブスにしても、まさか未来において、異国の庶民がカレーを食べるたびに自分をバカにすることになるとは想像さえしてなかっただろうけど。

そんなことを思いつつ、ラベルの反対側をみて驚いた。賞味期限…2年前に切れてるじゃん!

■関連記事

 偉人たちを落書きのように語ろう
  教科書の写真に落書きする感覚でワシントンやコロンブスたちを語る。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク