更新情報-ボロ家探索隊がゆく

蔦屋(つたや)…と言っても、DVD等のレンタルショップのことじゃない。蔦に絡みつかれたボロ家のことをそう呼んでいるのだ。

人が住んでいるのにも関わらず、2階までの外壁を得体のしれない蔦に覆われた家。壁の亀裂や換気口から蔦が侵入してそうだ。

もしかすると上の部屋には、寝たきりのお爺ちゃんが蔦に絡まれたままミイラ化しており、養分を蓄えた蔦が不気味に真っ赤な花を咲かせているのかもしれない。

そんな空想が自然と頭の中に広がっていくのが、ボロ家としては良い物件なのである。というわけで、今回は「ボロ家探索隊がゆく」っていう18年前に書いた記事を、殆どリライトすることなく追加してみた。

いわゆる”廃墟マニア”っていう人たちがいるけれど、そこじゃないんだよね。いや、オレも廃墟とか好きだよ、モノの哀れとかあってさ。

でも、ボロ家には寒々とした温かみっていうかさ、なんかそんな感じのものがあるわけ。「住めっ!」て言われたら遠慮するけど、ちょっとぐらいなら、30分ぐらいなら体験してもいいかなって。

人生なんて何があるかわからないから、いつ自分がボロ家に住むことになってもおかしくない。

そう考えると、ボロ家探索っていうのは、宇宙飛行士が実際の宇宙に旅立つ前に訓練所でGを受けている状態みたいなもんなんだよ。

ボロ家探索隊には、一応、「ボロ家は見つけても写真はとらない」っていうルールがあって、住人の尊厳は守るようにしていた。ここが大事ね。

だからオレはボロ家に遭遇したら、心のシャッターを切るのだ。

から元気の素 に ボロ家探索隊がゆく を追加しました。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい, 20.更新情報 パーマリンク