更新情報-ごめん、奇跡の人は選べないの巻

「はたらけど はたらけど なお我が暮らし楽にならざり ぢっと手を見る」 …石川啄木

あのね、こんな句を読んだらさ、石川啄木ってのは清貧な人で、一生懸命に働いても報われなかったんだろうなって思うよね、ふつーは。オレも騙されたよ、石川啄木には!

そもそも”はたらけど はたらけど”なんて詠ってるけど、このヒトちゃんと働いてないよね?

教員とか新聞の校正係とかもやってたけど、どの仕事も長続きしてないし、働きぶりはいい加減で遅刻やズル休みは日常茶飯事。しかも家族は友人に預けっぱなしで、女遊びが大好き。

知人らには“たかり魔”として有名で、「おごるから」と飲みに誘って、逆におごってもらい、相手が帰ろうとしたら、「今度こそ僕が」と別の店に誘って、またおごらせる。おまけに帰り際に金を借りて、その金で女を買う。

おい啄木! おれは情けないよ。”はたらけど”って言う前に、まずヒトの心をもとうよ。そして、ちゃんと働けよ! どんだけハードル低いんだ、お前は!

そんなわけで、今回は偉人にまつわるお話です。

 黄昏の職場日記ごめん、奇跡の人は選べないの巻 を追加しました。

カテゴリー: 20.更新情報 パーマリンク