更新情報-行方不明者の謎を考える

ミステリー小説で、”アームチェア・ディテクティブ”(安楽椅子探偵)っていうタイプの作品があってね、これは主人公が現場へ出向くことなく、頭の中だけで事件を推理して解決しちゃうっていうもの。

つまり猛烈に頭がいい人物が主人公なわけ。たまたま口の周りにアンコがついてるやつが来たから、「お前、さっき饅頭を食っただろ!」なんていう単純なものじゃないのよ。

yositune1で、この”アームチェア・ディテクティブ”タイプで、歴史の謎を解くという体の『成吉思汗の秘密』っていう高木彬光氏の小説があるんだけど、僕はこの話が大好きなわけ。

”義経が大陸に渡って成吉思汗(ジンギスカン)になった”っていうことを、様々な角度から推理していく1958年に書かれた小説で、「そんなわけないだろ」と読み始めても、改定後に追加された章まで読むと、読後には「絶対にそう!ジンギスカンは義経だから!」としか思えなくなってしまう。

資料の信ぴょう性も不明だから、それが歴史の真実かどうかはさておき、小説を通じて自分の考えが変わっていく面白さを第三者的にも楽しめる。

この小説を読んだせいで、今でも「もしかしたら、ホントに義経と成吉思汗は同一人物かも」って気がしてて、この説を一蹴することができない。

さて、そんなわけで、自分もアームチェア・ディテクティブっていうのをやってみたくなったわけ。

もちろん、歴史の真実を解くなんてお題は難しすぎるから、「自ら失踪した行方不明者は、どんな状況で行方をくらましたのか」ってことを推理してみることにした。

から元気の素行方不明者の謎を考える を追加しました。


カテゴリー: 20.更新情報 パーマリンク