メキシコからやってきた一人ショッカー

幼稚園児の息子は、”戦いごっこ”が大好きだ。

だから、休日ともなれば、ヒーロー役の息子を相手に、悪役としての戦いをしなくてはならない。

gel4子供はヒーロー、大人は悪役を頑張るものなのだ。

”戦いごっこ”のときには、たいてい「お父さん、ショッカーマスクつけて!」とリクエストされる。

もちろん、ショッカーとは『仮面ライダー』に敵対する悪の組織で、ショッカーマスクはその戦闘員が被っているマスクのことだ。

だが、オレがつけるショッカーマスクは、そこらへんのショッカーマスクとは少し違っている。

だって、メキシコ洋品店の店頭で売っていた覆面レスラーのマスクだもん。

gel2

それでも息子はショッカーだと信じているから、これはショッカーマスクなのだ。

腰が痛いけど、派手なプロレス技で戦ってやるぜ。

ところで、今回、ショッカーの画像をネットで捜していたら、「ゲルショッカーの掟」というものを見つけた。

これは『仮面ライダー』の後半から登場する新敵組織・ゲルショッカーの内部規律で、カルビー製菓が1971年から1973年まで発売していた『仮面ライダースナック』に封入されていたカードに記載されていたものらしい。

この掟がなかなかに厳しい。

gel1

でもね、この厳しい掟を逆手にとれば、仮面ライダーだって「ショッカー戦闘員殲滅作戦」が、手軽にできると思うんだよね。

方法は簡単だ。まず、ゲルショッカーの戦闘員達が秘密基地への通勤に使っている朝の電車に、こっそりと仮面ライダーが乗り込む。

秘密基地の最寄り駅から5駅ぐらい手前になったところで、仮面ライダーはお腹を押さえながら「ちょっと電車に酔って、気持ち悪くなっちゃって」と、付近の乗客に助けを求めてうずくまる。

次の駅で、駅員さんと乗客は、なかなか立ち上がろうとしない仮面ライダーを列車内から運びだす。

この騒ぎによって電車は遅延。

遅刻した戦闘員は、「ゲルショッカーの掟」の(7)「遅刻した者は、殺す」に従って…

全員死刑だ!


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク