日常の中の危険な温度

深夜にノドが乾いたから、お湯を沸かしてお茶を飲むことにしたわけです。お茶ってのは、やっぱり熱いのが一番だから。

cya1そんなわけでキッチンテーブルで熱いお茶を湯飲みに注いでね、でも、熱過ぎると飲めないんで、ちょっと冷ましつつ、テーブルの上にあったチラシなんかに目を走らせたわけ。

それが思いの外、読むところが多くて、いつの間にかお茶がヌルくなってた。そのお茶が危険だった!

何気なく口に含んだお茶。…それは、奇跡的に体温と同じ温度になっていたわけです。

こっちの頭は深夜だし、チラシを眺めながら、ぼぅっとしてるからね。口の中にお茶が入っているのに、うっかりそれを忘れちゃってるわけさ。なにせ体温と同じ温度だから。

もう脳の方は、勝手に「あっ、口の中は空っぽだな」と思って、そんじゃってんで、腕に信号を送って、湯飲みに残ってるお茶をグイって飲ませるわけ。

口の中にお茶がある状態でさらにお茶を飲もうとしたから、なんか下水管が詰まったような感じで、ゲボっときてさ。お茶をテーブルの上から、シャツから、ズボンから吹きまくったよ。おまけに気管支にまで入っちゃってるから、むせて止まらない。

ホント、むせました。むせかえりまくりました。こんなにむせたことは、人生ではじめて。苦しかった。

モチを喉に詰まらせて死ぬ老人ってのは、こんな気持ちだろうなって思いながら、むせ続けました。そして、その後、大量に噴き出したお茶を、深夜に拭き取る空しさといったら…。

熱いばかりが危険じゃない。体温と同じ温度ってのも危険なんだよ。

いずれは、風呂でぬるま湯に浸かってるうちに体温と同じ温度になって風呂に入ってることを忘れてウトウトし、いつの間にかズブズブと湯船に沈んで溺死するんじゃないかという気がしてしょうがないです。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク