更新情報-授業中、偉人たちの代理戦争

腸弱会の会長こと若松と、先日は霊感についての話をしていた。

若松は以前に沖縄に赴任したことがあるんだけど、沖縄というのはスピリチュアルな土地柄で、かみんちゅ(神人)、ユタ(霊と交信する人)と呼ばれる方達が尊ばれているらしい。

で、若松が彼女たちから仕入れてきたという不思議な話を聞いてたわけ。自分は霊という概念とは違うんだけど、いわゆる常識では理解できないことはあると思ってるからさ。

そんなわけで若松の話に相槌を打ってたんだけど、そのうちに宇宙人と交信した巫女の話がでてきてさ、さすがにそこまではついていけなかったの。

「静炉厳さ、宇宙人がどこから来るか知ってる?」

「知らないよ。そもそも宇宙人ってなんだよ」

「巫女さんから聞いたんだけど、別の次元からその人のところに来るんだってさ」

「ごめん、霊までは頑張れるんだけど、宇宙人はムリ。だいたい宇宙人が何しにくるの?」

「水を飲みに来るんだって」

「水? なんで?」

「地球の水が、宇宙で一番おいしいんだって。だから遠くから水を飲みにくるらしいよ。水をあげるとおいしい、おいしいって」

「沖縄の水って、まさか水道水じゃないよね?」

「それが、まさかの水道水なんだって」

「それ宇宙人なの? 小鳥とかじゃなくて?」

「宇宙人なんだよ。ホントだって!」

「・・・」

そう力説する若松が、私には宇宙人のように思えて仕方がなかった。

さて、このサイトは新たな記事と過去に別サイトで書いた記事のリライト版で構成してるんだけど、今回は、以前に”湘から”サイトに書いた記事のリライト版を掲載しました。

自爆の事件簿 に 授業中、偉人たちの代理戦争  を追加しました。

カテゴリー: 20.更新情報 パーマリンク