更新情報-若松、会長ハウスで出迎える

腸弱会の会長こと、若松の家に遊びに行ったときのことを書いたわけです。『湘南 から元気倶楽部』というコーナーを、単独サイトとしてやっていた頃の話なんだけどね。

この中に、若松がエロ本を隠した話がちょろっと出てくるんだよ。

で、その時はわからなかったんだけど、実はこのとき、自分はただ運がよくて生き延びただけだったんだっていうことに、遅まきながら気がついたわけです。

もしも、あのとき若松のエロ本を目にしていたら、自分は今頃どうなっていたことか…。

そのことに気づいたのは、先日、若松と新橋のジョナサンで会話をしていたときでした。様々な話題が出たあとで、父親の話になったわけです。

「静炉厳さ、オヤジと会話とかしてた?」

「昔は殆ど話さなかったな。オレらの世代は、父親とあまり会話がなかったヤツが多いんじゃないかな」

「オレんとこは、オヤジとよく話してたよ」

「仲がよかったんだ」

「それほどでもないんだけどさ。でも、オレが部屋に隠してたエロ本が見つかっちゃってさ。それから、オヤジがオレに話しかけてこなくなったんだよね」

「えっ? オヤジでしょ? 母親にエロ本を見つかったって言うんならまだわかるけど、そんなことってあるの?」

「静炉厳さ…」

「なに?」

若松は一瞬、息を潜めると、不適な笑顔を浮かべて言葉を続けた。

「オレが、ふつーのエロ本を読むと思う?」

「…」

私はこのとき、背筋が凍りつくほどの恐怖を覚えた。叫びだしたいほどの恐怖。思いだすと震えが止まらない。

父親が断絶するほどのエロ本とは…。私が長年、友として付き合ってきた男は、心底、恐ろしい男であった。

彼の部屋を訪れて、その一端に触れようとしていた自分の愚かさ。そして無事に生還することができた己の幸運のことも理解した。今、この文章を打っているだけでも、また震えが止まらなくなる。

後から襲ってくる恐怖。恐怖は忘れた頃にやってくるのだ。

そんな秘めたる恐怖を思いつつ、”若松、会長ハウスで出迎える”をお楽しみください。

カテゴリー: 20.更新情報 パーマリンク