都知事選2016の行方は?

朝鮮人学校に積極的に公金を流す黒岩県知事を頂いているのだから、自分が住んでいる神奈川県も相当にイカれているけれど、だからこそ都知事選が気になっている。

日本なのだから日本と日本人のこと第一に考えることが大前提で、その原則のもとに都道府県もあるのに、日本を敵国と見做していたり、謂れのない因縁をつけてくる中韓勢力に取り込まれるような首長はいらない。

君が代や日の丸の国旗掲揚が、腫れ物にでも触るような扱いになっている我が国の学校だっておかしい。当たり前のことを当たり前にやれなくてどうすんのさ。

そんなわけで、「日本」を内側から壊されていくのを目の当たりにしてきた世代としては、これからの世代のために、少しでもマトモな方向にいくことを願っている。

先日、オヤジ仲間の山田さん(元すみちゃんとステゴザウルス)から「また谷山雄二郎が都知事選に出てるよ」とメッセージが入った。

谷山雄二郎ってのは、山田さんと友達だというだけでも怪しいんだけど、山田さんが言うには、「初めてあったときはジーパンの上から貞操帯をつけてた」とか、「知り合った頃に一緒に葉山のデニーズに行ったら、店員のおばちゃんたちと”イェーイ!”とか言ってハグしたりするから驚いたよ。どこいっても地元じゃそんな感じなの。おばちゃんたちも”ゆーちゃん”とか言って喜んでんだよね」などと面白おかしく話すので、ますます怪しく思えてしまう。

谷山1そんな谷山雄二郎のアパートに、いつだったか藤巻さんがトークライブをやるために素材となる映像を撮りに、藤岡藤巻と共に押しかけたことがある。

このときは、藤巻さんが沢田研二の『勝手にしやがれ』にあわせて振り付けをするビデオを撮影した。

ついでにイヤがる彼の部屋前の廊下で、藤巻さんがスローな動きで走る場面も撮影して、『嗚呼! 藤巻』っていう藤巻さんの葬式を想定した歌のイメージ映像に使った。

そんなことはさておき、谷山雄二郎はとにかくパワフルでイカれているんだけれど行動力があって、強い理想を持っている。

3.11の時は真っ先に被災地に駆けつけて、その後も人を募ってボランティア活動を続けたり、2011年には都知事選に立候補して撃沈したりしながら、韓国に不当に占拠されている竹島や、捏造された慰安婦問題について英語で海外に発信する運動を続けている日本のことが大好きな男だ。

そのことで同様の活動をする側から批判されることもあるようだけど、向かう先が同じならルートは様々でいいじゃないか。サヨクじゃないんだから。

でもってそんな思いとはうらはらに、谷山雄二朗が2011年の都知事選で行った政見放送(YouTube)はあまりにも面白い。2分あたりから、どうしても笑っちゃうんだけど、これね、思いが強くていろんなことが吹っ飛んじゃっただけだと思うんだよね。

本人に聞いてみたら、放送のための録画って2回しかできないんだって。それも2回収録して出来のいい方を選ばせてくれるわけじゃないらしい。

1回目を収録した後で「これを使いますか?」って聞かれて、「はい」なら2回目の収録はなし、「いいえ」と答えると1回目の収録分を消去されて2回目の収録になる。映像の方は、手話の方の頑張りも妙に面白い。

都民じゃないから投票はできないけど、今回の都知事選は谷山雄二朗や桜井誠みたいに、この国のことを考えて声を上げる人たちに当選してほしいと思う。


カテゴリー: 02.この水飴を舐めてはいけないよ, 09.藤岡藤巻 パーマリンク