ジブリと藤巻さんと年賀状

ジブリ1なんとなく本屋に入ってみたら、新刊コーナーに『ジブリの仲間たち』という本が並んでいた。

ジブリの鈴木敏夫プロデューサーが書いた…というか、喋ったことをライターがまとめた本だ。

パラパラとめくってみると、藤巻さん(藤岡藤巻)のことがところどころに書かれていて、しかもすべてが悪口だから面白い。

まぁ、実際には呆れっぷりが一回りしちゃって、「平成の無責任男」として認めるほどの愛着になってるんだけどね。

で、以前に藤岡さんとゲラゲラ笑ったエピソード(藤巻さんが担当する映画のタイアップ先が見つからないので、ライバル社に譲ろうとした話)も書かれていたので、ついつい買ってしまった。

そんなわけで最初から読んでいたら、藤巻さんが2006年に送った年賀状のエピソードがでてきた。ゲド戦記のポスターをパロディにして、キャッチコピーを「藤巻の願いはひとつだった。減量を龍に願う他力本願の2006年」とした年賀状のことだ。

鈴木さんは、この年賀状に書かれた”他力本願”というところが、日ごろの藤巻さんらしいと書いているけれど、このキャッチコピーも含めて年賀状を作ったのは藤巻さんじゃなくて、自分なんだよ。まさに他力本願!

結局2006年から2015年まで藤巻さんの年賀状のデザインをしてたんだよね。毎年、12月22日ぐらいになると、今年も頼むよ~って連絡がきてさ。

んで、出来上がったデザインを送ると、今度は博報堂の女性社員に年賀状を刷らせるの。いつだったかトークライブの時に、その女性社員と藤巻さんの悪口で盛り上がったこともあったな。

でもね、藤巻さんほどいろんな人に悪く言われるのに、それ以上に好かれてる人はいないと思うな。

ポニョの主題歌を歌うことになったときだって、ジブリの女性社員が「仕事をしない人なんです! お願いですから、藤巻さんだけは止めてください」って、涙を浮かべて鈴木さんに直訴したからね。まぁ、これはイヤがられてるだけだったけど。

そんでもって、普段だったら「仕事してよ」と藤巻さんに言ってる鈴木さんが、なぜだか「藤巻さんは、確かに仕事をしないけど、そういう人も必要なんだよ…」などと援護しなければならない構図になってしまい、ここでも藤巻さんってのは他力本願の人だということが証明されたのだった。

ジブリ2

カテゴリー: 09.藤岡藤巻 パーマリンク