更新情報-ブリキ玩具作家の串田さん

kushida101950年代に、ゼンマイのブリキ玩具の名作と呼ばれる”ピエロのスケーター”を生み出し、”神の手を持つ”と言われた串田恭男さんというブリキ玩具の職人さんがいらっしゃる。

先週末に、その串田さんのご自宅に遊びに行った。

裏手には、まるで金八先生のオープニング場面のような土手が広がっている。

kushida15当時の世相やブリキ玩具の話を聞き、ハンドメイドで作られたブリキ玩具の”ビートたけし”やサントリーホワイトのCMに使われた”レイ・チャールズ”などを触らせてもらい、今も庭先に設えてある工房をみせてもらったりして、あっという間に3時間が過ぎた。

そんなわけで、”ピエロのスケーターの物語”という記事を書いてみました。


カテゴリー: 20.更新情報 パーマリンク