腸弱会会長、新橋に現る~さざれ石事件

今回の記事は、”腸弱会会長、新橋に現る~カニの告白事件”の続きです。

新橋のジョナサンでソフトドリンクを飲みながら、腸弱会の会長こと若松との話が盛り上がる。

「ところで、”湘から”(湘南から元気倶楽部)で遊んだ人たちはどうしてるの?」

「もう20年近く前だからね。連絡をとってる人もいるけれど、さすがに会う機会は殆どないよ。しかし、今になってみるとよくやったよね。公民館で青年の主張大会とかさ」

「あのときの静炉厳はよかったよ。コンビニの袋をかぶって、つけヒゲしてさ。アゼルバイジャンの放浪ギター青年のお話とか、笑い過ぎて腹痛かったもん」

「若松はオムツをかぶって、自称ムーニーマンの劇とかやったことがあったね」

kara1

「やったやった!」

「当時は、”湘から”を読んでくれた人が、わざわざ地方から来てくれたからね。 サービス精神がありまくりだったよ。若松は、毎回ヘンな台本っていうか、ツアーパンフレットみたいなのを作ってたじゃん」

「参加者の台詞入りのやつね。あれ、秋田から来た人からはじまったんだよ。夜行バスで来るっていうからさ、銀座のバスの待合所で水泳パンツと水中メガネ、足ひれと浮き輪、シュノーケルをつけて待ってたんだよ。あのとき、静炉厳、遅刻したよね?」

「よく覚えてるな。ごめん、悪かった」

「でさ、秋田のバスが到着したから走ってドアまで出迎えたら、山形からのバスでさ。乗客がビックリしてんの」

「わははー。羽田空港で歓迎の垂れ幕を広げたら、警備員に怒られたこともあったね」

「あったあった。これぐらいだったらいいですか?とかって、ちょっとずつ短く持ってさ。結局、30センチぐらいで小さく出迎えたんだよ」

「東京駅のドまん前で、赤じゅうたんにオープンカーで出迎えたこともあったね」

「そういえば静炉厳さ、さざれ石のこと覚えてる?」

「大阪の人たちにプレゼントしたよね。ガチャガチャの入れ物にいれて。でも、あれって今にして思えば、結構、マズかったんじゃないの?」

「何言ってんの。マズイに決まってるでしょ! 文部省の中庭に忍び込んだんだよ」

「まだ文部文化省になる前だっけ。でも、若松が”さざれ石”をプレゼントしようって言い出したんじゃん。君が代の歌詞に出てくるさざれ石は、大阪にはないからお土産にいいよとかってさ。オレは文部省の中庭にさざれ石があるなんて知らなかったもん」

「あの頃は文部省に知り合いがいたからね。静炉厳も遊びに行ったことなかった?」

「行った行った! 休みの日に入れてもらって、大臣のイスに座ってクルクル回ったことがあるよ。おおらかな時代だったね。さざれ石のときも、そいつに入れてもらったんだっけ。今じゃ、考えられないな」

「うん。夜に懐中電灯とドライバとトンカチを持ってさ。腰ぐらいの高さの”さざれ石”が中庭にあって、”さざれ石”をトンカチでコンコンと叩いたんだけど割れないんだよ。で、静炉厳がドライバとトンカチでポコって叩いて切りだしたんだよ。その後にオレもやったの」

「若松がトンカチで叩いたら、音が中庭に響き渡ってヒヤヒヤした記憶があるな。警備員さんの懐中電灯の灯りが見えて隠れたりしたよね」

「そうそう。でね、そのときの写真がこの前、出てきたんだよ」

「写真なんて撮ったっけ?」

「撮ったんだよ。さざれ石のカケラだけをプレゼントしたって、ふつーの岩のカケラにしか見えないじゃん。だから、さざれ石を切り出すところの写真を撮って、一緒に渡すことにしたんだよ」

「そういえば、そんな気もするな」

「そのときの静炉厳が見るたびに笑っちゃうんだよね。すごく真剣な顔しててさ。恐竜の歯の発掘をしてる人みたいなの。で、2枚目はビックリした顔の演技をしててさ、手もこんな驚いた感じで。いつみても笑うよ」

「なんだよ。そんな写真があるならオレも見たいよ」

「見たら、絶対に笑うから!」

「あれっ? ちょっと待て!」

「なに?」

「なんでその写真を若松が持ってるの? さざれ石と一緒に渡したんでしょ?」

「いや、あのときは写真を渡すのを忘れてたんだよね」

「じゃあ、大阪の人たちは、ワケのわからない土のカケラをもらっただけだと思ってるんじゃないの?」

「たぶん、そうかも」

「絶対にすぐ捨ててるよ。さざれ石にしてみれば、削られ損じゃん」

「あれさ、後日談があるんだよ。知ってる?」

「なにそれ?」

「いつだったか東京駅を歩いてたら、さざれ石があったんだよね」

「どういうこと?」

「文部省の建物が改装された時にね、工事の期間中、さざれ石が東京駅に飾られてたんだよ。ちゃんと祭られた感じになっててさ。さざれ石の由来が書かれた立て札があって、警備員も横に立ってるの」

「そんなことがあったんだ」

「うん。で、通りがかりのサラリーマンとかが腕を組んでさ、『ほぅ、これがさざれ石か』って感心して眺めたり、いろんな人がパチパチと記念写真を撮ったりしてるの。でさ、オレも近寄って見てみたの。そしたら、オレたちが削った穴が2個あいてるんだよ」

「…」

「オレ、目が点になったもん」

「まさか、そんなことになってたとは…」

「でもね、静炉厳の穴の方がちょっと大きかったよ」

「そういう問題じゃないから」

新橋のファミレス”ジョナサン”で、オヤジたちは過去を反省するのだった。

ジョナサン

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク