送別会でカラオケを歌った

会社で世話になっていた方が定年退職されるので、送別会に行ってきた。

そんなわけだから、普段ならパスする二次会にも参加して、5年ぶりぐらいにカラオケを楽しんだ。

藤岡藤巻Ⅰ新しい歌なんて知らないから、”藤岡藤巻”で検索して『もしオレが死んだら』をセレクトする。

アルバム『藤岡藤巻Ⅰ』に収録されている歌だ。

藤岡藤巻が結成された2004年~2005年頃は、藤岡さんが麻布十番に事務所スペースを間借りしていたから、毎週火曜に集まっては、3人で藤岡藤巻の歌のコンセプトやライブを考えていた。

だいたいはバカ話をしているうちに藤岡さんがコンセプトをみつけて、翌週にデモを作ってくる。

歌詞はときどき藤巻さんと分けあって、僕は藤岡さんがアイデアに困ったときのワンフレーズを提供したりしてた。

もしオレが死んだら』では、”剥製にして床の間に置いてくれ”あたりを考えたはずだ。

それにしても、この歌は面白い。カラオケで歌ったのははじめてだけど、周囲にウケるから気持ちがいい。やっぱり、あの二人はすごいよ。

そろそろ再活動の気配もあるし、また遊びの時間が巡ってくるかな。


カテゴリー: 09.藤岡藤巻, 未分類 パーマリンク