祝辞のビデオはいかが?

昼休みに入ったところで、プロジェクトメンバーの一人に話しかけた。

「今日、松本くんの姿を見ないね?」

「何言ってるんですか! 明日は彼の結婚式だから、今日は準備休みだって言ってたじゃないですか」

「そうだったっけ…。そういえば一ヶ月ぐらい前だけど、みんなが松本くんの御祝いメッセージを述べてる映像を撮ってさ、仮編集して彼に渡したんだよね。祝辞のビデオ」

「あぁ、職場の新年会のときに、静炉厳さんに『松本さん、結婚、おめでとう!』とか皆で言わされましたもんね」

「うん。あの映像の前に森田くんとか、川出くんとかの一人一人の短いメッセージ映像も追加しておいたんだよ。あと、有名人のメッセージとかもいれたよ」

「へぇ、たまにはイイコトするんですね」

「でもね、その映像は却下されちゃったんだよね」

「えっ? そんなことあるんですか? 祝辞の映像なのに?」

「奥さんがイヤがったらしいよ」

「それはちょっと失礼ですよ。仮にいまいちの出来で、内心はイヤだなぁと思ってても、ふつーは義理で使うものじゃないですか!」

「そう? …そうだよねぇ。あっ、コピーした映像データがあるから見る? 今、昼休みだし」

鞄からDVDを取り出してパソコンにセットすると、すぐに映像が流れ出した。

「まだ仮版だったから粗い編集だけど。あっ、これ森田くんね」

「これ…なんで森田くんはメッセージを言う前に、わざわざドアを開けて入ってきて、カッコつけながら振り返るんですか? 不自然ですよね」

「そこがいいんだよ! この部分、いらないよねってトコがいいわけ。オレがリクエストしたの。ほら、次は川出くん。今度は自販機の前でメッセージ!」

「だから、なんでメッセージを言う前に、わざわざコーラを買いながらカッコつけて振り返るんですか? おかしいですよ」

「おかしくないって! そこがいいんだよ! ホントはこの後、相場くんが靴紐を結びながら、見上げるアングルでカッコよくメッセージを言う場面を入れる予定だったんだよね。仮編集でボツになったから止めたけど。で、次がうちのチームとベンダーさんで御祝いの言葉と乾杯! きみ、このときいたっけ?」

「いましたよ。ベンダーさんの食堂で撮ったやつですよね。周りの人が見てましたよ」

「まぁまぁ、ここからは有名人からのメッセージだから」

marij14ディスプレイには、”すみちゃんとステゴザウルス”の『キャンパスレポート~もっとクリスタル』のジャケット写真と出だしのワンフレーズにかぶって、居酒屋で撮った山田さんからのビデオメッセージが映し出された。

「○○ちゃん、◇◇さん。結婚おめでとうございます。
ボク、すみちゃんとステゴザウルスでギター弾いてた山田です。
ぜひ、お幸せになってください。たまには江ノ島の方にも遊びにきてください。
ボクは今は、江ノ島でサザエを採ったり、ハマグリを採ったりして生活してるんで、よろしくお願いします」

「あのぅ…山田さんって、有名な方なんですか?」

「もちろん! この前、山田さんと飲んだときに聞いたんだけど、『あんたは、近所では有名なウソつきって呼ばれてる』って奥さんに言われたんだってさ」

「山田さんという方は、松本さんとは知り合いなんですか?」

「まさか! お互いに知らないよ」

「じゃあ、奥さんの方とは…」

「知ってるわけないじゃん! オレの友達だもん。で、次はポニョの藤巻さん。紅白歌手だよ」

ディスプレイには 大橋のぞみちゃんとのユニットで『崖の上のポニョ』の一節が流れて、すぐに藤巻さんのビデオメッセージがフェードインしてくる。

fujimaki1

 「ポニョの藤巻さん…この方、ホンモノですか?」

「もちろん!」

「藤巻さんは、松本さんと知り合い…のわけないですよね?」

「うん。お互いに全く知らない人だね。でも、そこが二人の共通点だと言えるかな」

「紅白歌手の藤巻です。○○くん、◇◇さん。結婚おめでとうございます。長続きするように頑張ってください。
人生は山あり、谷あり。オレは谷ばっかりでツライですけど、お二人にはなんとか幸せになってほしいと思います。おめでとーございます」

「なんかメッセージが暗いですね。…次は誰ですか?」

「みんなが知ってる人」

画面奥からオバマ大統領が演説台に向かって歩いてくる。そして、カメラ目線でメッセージを述べ始めた。

obama1

「皆さん、こんにちわ。○○くん、◇◇さん。結婚おめでとうございます。
今日、私が言いたいこと。それは世界平和のためには、まず家庭平和を実現するということです。
家庭での私の仕事。それは皿洗い、風呂掃除、トイレ掃除、ゴミの分別。・・・保冷剤や使い捨てカイロの分別なんて、考えてもよくわからないよ。
女房のマッサージも忘れちゃいけない。家庭の平和とは、つまりは女房の機嫌次第なんだ。
○○くん、きみも今日から私達の仲間だ。なんでも相談にのるから、この前おしえた番号に電話してくれ。
でもあの番号、実はピザ屋の番号なんだ。」

「この声…静炉厳さんの吹替えですよね?」

「うん。オレのヨメさんからは、貰う方は迷惑だからやめろって散々言われたんだけど、ヨメが風呂に入ってる隙に録音した。オレが知っている限り、アメリカの大統領から祝辞をもらったヤツなんていないよ」

「…」

「なんで黙ってるのよ?」

「いや、最初は祝辞ビデオをボツにするなんてヒドイなと思いましたけど、こんな祝辞ビデオは却下ですよ! 却下! こんなの流したら披露宴で微妙な空気になるのがわかりますから。それにしても、静炉厳さん、ふだん仕事してるんですか?」

「ちょっとはしてるよ! 会社で編集してるわけじゃないから。あっ、そうだ。きみも早く結婚しなよ。今回のビデオのメッセージ部分をオレが全部、きみのために新しく吹替えてあげるから」

「絶対にイヤです」

彼がオレを見る目は、明らかに最初の頃と変化していた。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい, 09.藤岡藤巻 パーマリンク