藤岡藤巻と”ひめ風”とノスタルジー

藤岡藤巻12008年8月のこと、坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックスに藤岡藤巻が招かれたので、Zepp東京の楽屋で出番待ちをする彼らとダベっていた。

いつものごとくバカ話で盛り上がってゲラゲラと笑っていると、壁が薄いのか隣の事務室からキコキコと妙な音が聞こえてきた。

「なんかヘンな音が聞こえない?」

「なんだろうね? まぁ、気にするなよ」

 バカ話はますますヒートして盛り上がり、笑い過ぎて腹が痛い。するとそのテンションにあわせるかのように、今度は隣の部屋のテレビのボリュームがどんどんと大きくなってくる。しまいには会話ができなくなるほど音がうるさい。

「隣のテレビの音、うるさいよね? 対抗してるのかな?」

「まったく迷惑だよな」

「ちょっと、文句いってくるよ」

そんなわけで廊下にでて、隣の部屋の前に行った。しかし、そこは事務室なんかではなく、別の出演者の楽屋であった。

ドアには、”南こうせつ様 控え室” と貼られている! 慌てて部屋に戻るオレ。

「ヤバイよ! お隣は、こうせつさんの楽屋だった! きっと話声がうるさいって怒ってるんだよ」

「えっ!!」

「さっきの音はバンドのバイオリンだよ。ぜったいに怒ってるって!!」

一瞬で静まりかえった部屋。机に足を乗せてダラけてた藤岡さんと藤巻さんの顔に、「マズイ!」という表情が浮かぶ。

そのとき、楽屋のドアをノックする音が響いた。

フォーク界の大御所、南こうせつ氏が抗議に来たのだ! ひー!!

ノックの音と同時にエビのようにピョンと壁ぎわに飛び、着地時には既に”気をつけ”の姿勢になっている二人。

いや、正確には”気をつけ”ではない。両手は、すぐにモミ手を繰り出せるように重ねられていた。長年のサラリーマン生活で身につけた習性だ。

藤岡藤巻の二人がこんなに素早く動くところを目にしたのは、後にも先にもこの時だけである。

「ど…どうぞ!」

 若干、高めの声で藤巻さんが応答する。

皆が息を飲む中、ドアを開けて入ってきたのは、…会場のスタッフであった。

「篠原ともえさんが、ご挨拶に来られましたよ」

105350この日のオープニングアクトで藤岡藤巻と組むことになっていた篠原さんである。

ホっと息をつく二人。固まっていた空気が溶けた。他の出演者が部屋にいれば、怒られることもないだろう。

藤岡藤巻は、そっと胸を撫で下ろした。

 …そhimekaze2んなことを思い出しつつ、先週、”ひめ風”のライブを観に横浜に行ってきた。

”ひめ風”は、元”かぐや姫”の南こうせつさんと”風”の伊勢正三さんが組んだユニットだ。

友達にはじめてギターを教わったときの練習曲が、彼らの歌だった。

たったそれだけのことなのに、会場に彼らの歌声が響くと中学の頃が思い出されて、ノスタルジックな気持ちにグっと持っていかれてしまった。

 


カテゴリー: 09.藤岡藤巻 パーマリンク