散髪屋のテクニック

近所のスーパーに1000円カットの散髪屋がテナントで入っている。

しかもタイムサービスで680円という時間帯があるので、自分が髪をカットするときはいつもその値段だ。

そんな激安価格だというのに、その店には一人だけプロフェッショナルな腕のおばちゃんがいて、僕はいつもご指名させていただいている。もちろん、指名料も無料だ。

おばちゃんにカットしてもらいながら、前から疑問に思っていたことを聞いてみた。

「あのさ、髪の毛の薄いヒトに『カットの値段が同じなのは不公平だ』って言われることってないの?」

「それはないけど、すごく気は使いますよね。あんまり早く終わるとクレームが入ったりするから」

「切るところ少ないから早く終わるの当たり前じゃんね」

「しょうがないから、一本一本カットしたりしてるんですよ」

「あっ、なるほど。つまり、髪の毛の薄いヒトの料金は、カット+演技料だって思えばいいわけだ!」

「まぁねぇ」

「ってことは、おばちゃんは女優みたいなもんだよね。演技も仕事なわけだから。つるっパゲが来ても、エアカットとかしてさ。お客さんは『うん、スッキリしたね』なんて言って満足して帰るみたいな」

「いやー。そこまでじゃないけどね。あははー」

おばちゃんは、職場までBMWで通っている。実はかなりの大女優なんじゃないかと思う。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク